○大津町道路反射鏡設置及び維持管理要綱

平成26年3月28日

要綱第8号

(目的)

第1条 この要綱は、大津町が交通安全対策用として設置する道路反射鏡の設置及び維持管理について必要な事項を定め、設置及び維持管理業務の適正な運用と交通事故防止対策を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、「道路反射鏡」とは、道路法施行令(昭和27年政令第479号)第34条の3第4号に規定する道路の附属物をいう。

2 この要綱において、「生活道路」とは、農道、林道、その他の法定外公共物である道路(大津町法定外公共物管理条例(平成17年大津町条例第4号)第2条に規定する道路をいう。)及び私人が所有し、一般の交通の用に開放している私道をいう。

3 この要綱において、「車両」とは、道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第8号(トロリーバスを除く。)に規定する車両をいう。

(設置箇所)

第3条 道路反射鏡は、次に掲げる地点の見通しを改善する必要があると町長が認めた場合に、予算の範囲内で設置するものとする。

(1) 国道と町道又は生活道路が交差し、又は合流する地点、又は屈曲し、屈折する地点

(2) 県道と町道又は生活道路が交差し、又は合流する地点、又は屈曲し、屈折する地点

(3) 町道と町道又は生活道路が交差し、又は合流する地点、又は屈曲し、屈折する地点

(4) 前3号に掲げる地点のほか、町長が特に必要と認める地点

2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合は、道路反射鏡を設置しないものとする。

(1) 道路反射鏡を設置することにより、車両の通行に支障が生じる恐れがある場合

(2) 特定の個人又は事業者の出入口となつている道路である場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が設置する必要がないと認める場合

(設置手続き)

第4条 町は、行政区嘱託員の要望により道路反射鏡を設置するものとする。

2 行政区嘱託員は、前項の規定により道路反射鏡の設置を要望するときは、道路反射鏡設置要望書(様式第1号。以下「要望書」という。)を、町長に提出するものとする。

(設置の可否)

第5条 町長は、前条第2項に規定する要望書の提出を受けたときは、大津地区交通安全協会大津支部役員会(以下「支部役員会」という。)に依頼し、設置の必要性及び優先順位について意見を求めるものとする。

2 町長は、申請の内容及び支部役員会の意見に基づき反射鏡の設置の可否を決定したときは、文書により行政区嘱託員に通知するものとする。

(維持管理)

第6条 第3条の規定により設置した道路反射鏡は、町が適正に維持管理をするとともに、それに要した費用は、町が負担する。ただし、第三者が故意に又は過失により道路反射鏡を破損し、修理等の必要が生じたときは、町が当該第三者に原状回復をさせるものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、告示の日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行前に町長に提出された道路反射鏡設置の要望書は、第4条の規定により申請された道路反射鏡設置要望書とみなす。

画像

大津町道路反射鏡設置及び維持管理要綱

平成26年3月28日 要綱第8号

(平成26年3月28日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節 交通安全対策
沿革情報
平成26年3月28日 要綱第8号