○大津町教育委員会学校教育指導員等の任用等に関する要綱

平成27年3月31日

教委要綱第1号

(趣旨)

第1条 この要綱は、大津町特別職の非常勤職員の任用等に関する要綱(平成14年要綱第62号)の定めにおいて、学校教育指導員、主任教育相談員、教育相談員、社会教育指導員(以下「非常勤職員」という。)の勤務時間、報酬、費用弁償、休暇及びその他の身分取扱に関して必要な事項を定めるものとする。

(勤務時間)

第2条 非常勤職員の勤務時間は1週間当たり18時間以内とする。ただし、教育相談員のうち、学校配置の教育相談員については週16時間以内とする。なお、祝祭日や年末年始等で当該週に定められた勤務時間が確保できない場合は、原則としてその前後の週で調整を行うものとする。

(任用期間)

第3条 非常勤職員の任用期間は、任用しようとする日から起算して1年間を限度とする。

2 非常勤職員の再任は、原則として2回までとし、3回を超えて再任する場合は、教育委員会会議の同意を得て再任することができる。

(有給休暇)

第4条 非常勤職員の有給休暇は次条の年次有給休暇及び第6条の特別休暇とする。

(年次有給休暇)

第5条 年次有給休暇は、1週間の所定勤務日数及び勤続勤務年数に応じて、別表第1のとおりとし、1日(年次有給休暇は6時間をもつて1日とする。)又は1時間を単位とする。

2 年次有給休暇の日数は、1年度ごとによるものとする。なお、1年以上勤務した非常勤職員のうち所定時間の8割以上を勤務した者で、年次有給休暇の日数のうちその年度に請求しなかつた日数があるときは、請求しなかつた日数を限度として当該日数をその翌年度に繰り越すことができる。ただし、翌年度に繰り越した日数は、その翌年度に繰り越すことはできない。

(特別休暇)

第6条 特別休暇の付与については、大津町一般職の非常勤職員の任用等に関する要綱(平成24年要綱第6号)に準ずるものとし、親族が死亡した場合の特別休暇は別表第2のとおりとする。

(休暇の届出及び承認)

第7条 第5条及び前条に定める休暇の届出及び承認については、大津町職員服務規程(平成7年訓令第1号)に準ずるものとする。

(報酬及び費用弁償)

第8条 非常勤職員に、報酬及び費用弁償を支給する。

2 報酬は、別表第3に規定する報酬を支給する。

3 費用弁償については、一般職の非常勤職員の例による。

(報酬の減額)

第9条 非常勤職員が定められた勤務時間中に勤務しないときは、その勤務しない時間について、次条に定める1時間当たりの報酬の額を減額する。ただし、当該非常勤職員が第4条に規定する休暇を取得したとき又は町長の承認を得たときは、この限りではない。

2 月の途中で非常勤職員となつた者には、その日から報酬を支給する。

3 月の途中で非常勤職員が離職したときは、その日まで報酬を支給し、死亡したときはその月までを支給する。

(1時間当たりの報酬の額)

第10条 前条第1項の1時間当たりの報酬の額は、報酬等の月額に12を乗じて得た額を、当該非常勤職員の1週間の勤務時間に52を乗じて得た時間で除した額とする。

2 前項の規定により算定した額に1円未満の端数が生じたときは、少数点以下を四捨五入する。

(災害補償)

第11条 非常勤職員の公務上の災害又は通勤による災害については、熊本県市町村非常勤職員公務災害補償条例に基づき補償する。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この要綱は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日教委要綱第1号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成30年4月27日教委要綱第2号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第5条関係)

年次有給休暇付与日数

1週間の所定勤務日数

1年間の所定勤務日数

雇入れの日から起算した継続勤務期間

6ヶ月以上

1年6ヶ月以上

2年6ヶ月以上

3年6ヶ月以上

4年6ヶ月以上

5年6ヶ月以上

6年6ヶ月以上

4日

169日~216日

7日

8日

9日

10日

12日

13日

15日

3日

121日~168日

5日

6日

6日

8日

9日

10日

11日

2日

73日~20日

3日

4日

4日

5日

6日

6日

7日

1日

48日~72日

1日

2日

2日

2日

3日

3日

3日

備考 勤続勤務年数は、職員が任用された日からその年度の末日までを1年とみなし、以後1年度をもつて算定する。

別表第2(第6条関係)

休暇の種類

付与期間

親族が死亡した場合

次の期間を超えない範囲内で必要と認める日又は時間





死亡した者

日数


血族

姻族

配偶者

7日

1親等の直系尊属(父母)

7日

3日

1親等の直系卑属(子)

5日

1日

2親等の直系尊属(祖父母)

3日

1日

2親等の直系卑属(孫)

1日


2親等の傍系者(兄弟姉妹)

3日

1日

3親等の傍系尊属(伯叔父母)

1日

1日

備考

1 職員と生計を一にする姻族の場合は、血族の場合に準ずる

2 いわゆる代襲相続の場合において祭具等を継承する者は、1親等の直系血族に準ずる。

3 職員が葬儀のため遠隔の地に旅行する必要がある場合は、その往復に要した日数の加算を認めることができる。

別表第3(第8条関係)

職種

報酬(円)

学校教育指導員

月額 124,300

主任教育相談員

月額 124,300

教育相談員

月額 124,300

教育相談員(学校配置等)

月額 111,800

社会教育指導員

月額 93,000

大津町教育委員会学校教育指導員等の任用等に関する要綱

平成27年3月31日 教育委員会要綱第1号

(平成30年4月1日施行)