○大津町教育長職務代理者の指定に関する規則

平成29年12月1日

教委規則第5号

大津町教育長職務代理者の指定に関する規則(平成25年大津町教委規則第5号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第13条第2項の規定に基づき、教育長職務代理者を定める。

(職務代理)

第2条 教育長に事故あるとき、又は教育長が欠けたときは、あらかじめ教育長が指名する教育委員会の委員がその職務を代理する。

2 教育長及び教育長職務代理者がともに事故あるとき、又は欠けたときは、先任の委員(先任の委員が2人以上あるときは、これらの者のうち年長の者)が教育長の職務を代理する。

(教育委員会事務局職員に対する事務の委任)

第3条 前条の規定により、職務代理者に指名された委員は、その権限に属する事務を、次の順位により教育委員会事務局職員に委任し、又は臨時に代理させることができる。

(1) 教育部長

(2) 教育部次長

(3) 学校教育課長

(4) 生涯学習課長

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に在職する大津町教育委員会の教育長が地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の規定によりなお従前の例により大津町教育委員会の委員として在職する間は、改正後の大津町教育長職務代理者の指定に関する規則の規定は適用せず、改正前の大津町教育長職務代理者の指定に関する規則の規定は、なおその効力を有する。

大津町教育長職務代理者の指定に関する規則

平成29年12月1日 教育委員会規則第5号

(平成29年12月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
平成29年12月1日 教育委員会規則第5号