○新潟県遊漁船業の適正化に関する法律施行細則

平成15年3月28日

新潟県規則第16号

新潟県遊漁船業の適正化に関する法律施行細則をここに公布する。

新潟県遊漁船業の適正化に関する法律施行細則

(趣旨)

第1条 この規則は、遊漁船業の適正化に関する法律(昭和63年法律第99号。以下「法」という。)及び遊漁船業の適正化に関する法律施行規則(平成元年農林水産省令第37号。以下「省令」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(登録簿の閲覧所)

第2条 法第8条の規定による遊漁船業者登録簿(以下「登録簿」という。)の閲覧の場所(以下「閲覧所」という。)は、新潟県農林水産部水産課内及び佐渡地域振興局農林水産振興部内に設ける。

(閲覧時間)

第3条 登録簿の閲覧時間は、午前9時30分から午後4時30分までとする。

(定期休日)

第4条 閲覧所の定期休日は、次のとおりとする。

(1) 日曜日及び土曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(3) 12月29日から翌年の1月3日までの日(前号に掲げる日を除く。)

(臨時休日等)

第5条 知事は、登録簿の整理その他必要があるときは、臨時に休日を設け、又は閲覧時間を短縮するものとし、その旨を閲覧所に掲示する。

(閲覧の方法)

第6条 登録簿を閲覧しようとする者は、閲覧所に備えてある閲覧簿に住所、氏名その他必要な事項を記入した上、係員の指示を受けなければならない。

(登録簿の持出禁止)

第7条 登録簿は、これを閲覧所の外に持ち出すことはできない。

(閲覧の停止又は禁止)

第8条 知事は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、閲覧を停止し、又は禁止することができる。

(1) この規則又は係員の指示に従わない者

(2) 登録簿を破損し、汚損し、若しくは加筆し、又はそのおそれがあると認められる者

(3) 他人に迷惑を及ぼし、又はそのおそれがあると認められる者

(遊漁船業団体の指定の申出)

第9条 法第20条の規定による申出は、別記第1号様式により行うものとする。

(変更の届出)

第10条 遊漁船業団体は、省令第15条第1項各号に掲げる事項に変更があったときは、その日から30日以内に、別記第2号様式による届出書を知事に提出しなければならない。

(廃止の届出)

第11条 遊漁船業団体が次の各号のいずれかに該当することとなった場合においては、当該各号に定める者は、その日から30日以内に、別記第3号様式による届出書を知事に提出しなければならない。

(1) 合併により消滅した場合 法人を代表する役員であった者

(2) 破産手続開始の決定により解散した場合 破産管財人

(3) 合併及び破産手続開始の決定以外の理由により解散した場合 清算人

(4) 法第21条各号に掲げる業務を廃止した場合 法人を代表する役員

(平17規則20・一部改正)

附 則

この規則は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第20号)

この規則中別記第1号様式の改正規定は平成17年3月7日から、その他の改正規定は公布の日から施行する。

(平17規則20・一部改正)

画像

画像

(平17規則20・一部改正)

画像

新潟県遊漁船業の適正化に関する法律施行細則

平成15年3月28日 規則第16号

(平成17年3月7日施行)