○議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例

昭和三十九年三月三十一日

秋田県条例第三十二号

議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例をここに公布する。

議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例

地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第九十六条第一項の規定に基づき、この条例を制定する。

(趣旨)

第一条 この条例は、議会の議決に付さなければならない契約及び財産の取得処分について定めるものとする。

(議会の議決に付すべき契約)

第二条 地方自治法第九十六条第一項第五号の規定により議会の議決に付さなければならない契約は、予定価格五億円以上の工事又は製造の請負とする。

(昭五二条例三七・平五条例三一・一部改正)

(議会の議決に付すべき財産の取得又は処分)

第三条 地方自治法第九十六条第一項第八号の規定により議会の議決に付さなければならない財産の取得又は処分は、予定価格七千万円以上の不動産若しくは動産の買入れ若しくは売払い(土地については、その面積が一件二万平方メートル以上のものに係るものに限る。)又は不動産の信託の受益権の買入れ若しくは売払いとする。

(昭六一条例四四・一部改正)

附 則

この条例は、昭和三十九年四月一日から施行する。

附 則(昭和五二年条例第三七号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和六一年条例第四四号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成五年条例第三一号)

この条例は、公布の日から施行する。

議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例

昭和39年3月31日 条例第32号

(平成5年7月9日施行)

体系情報
第1編 務/第4章
沿革情報
昭和39年3月31日 条例第32号
昭和52年10月1日 条例第37号
昭和61年9月30日 条例第44号
平成5年7月9日 条例第31号