○秋田県環境と文化のむら条例施行規則

平成七年三月三十日

秋田県規則第十七号

秋田県環境と文化のむら条例施行規則をここに公布する。

秋田県環境と文化のむら条例施行規則

(趣旨)

第一条 この規則は、秋田県環境と文化のむら条例(平成七年秋田県条例第十一号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用時間)

第二条 秋田県環境と文化のむら(以下「環境と文化のむら」という。)の施設のうち、次の表の上欄に掲げる施設の使用時間は、それぞれ同表の下欄に定めるとおりとする。

施設

使用時間

自然ふれあいセンター

研修ホール

午前九時から午後五時まで

工作室

愛鳥山荘

文化の館

2 知事は、必要があると認めるときは、前項に定める使用時間を変更することができる。

(平二〇規則四〇・一部改正)

(休業日等)

第三条 環境と文化のむら(前条第一項の表の上欄に掲げる施設を除く。)の休業日は、十二月二十九日から翌年の一月三日までの日とする。

2 前条第一項の表の上欄に掲げる施設の休業日は、月曜日(休日(国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)第三条に規定する休日をいう。以下この項において同じ。)に当たるときは、その日後においてその日に最も近い休日でない日)及び前項に規定する日とする。

3 知事は、必要があると認めるときは、臨時に休業日を設け、又は前二項に定める休業日を変更することができる。

4 知事は、必要があると認めるときは、休業日であっても環境と文化のむらを使用させることができる。

(平九規則九・平二〇規則四〇・一部改正)

(行為の許可の申請等)

第四条 条例第三条第一項又は第二項の規定により許可を受けようとする者は、それぞれ環境と文化のむら行為許可申請書(様式第一号)又は環境と文化のむら行為変更許可申請書(様式第二号)を知事に提出しなければならない。

2 知事は、環境と文化のむらにおける行為が次の各号のいずれかに該当する場合は、行為の許可又は当該許可に係る事項の変更の許可をしないものとする。

 公の秩序を乱し、又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

 環境と文化のむらの管理上支障があると認められるとき。

(平二〇規則四〇・一部改正)

(使用の許可の申請等)

第五条 条例第四条第一項の規定により許可を受けようとする者は、環境と文化のむら施設使用許可申請書(様式第三号)を知事に提出しなければならない。

2 前条第二項の規定は、前項の使用の許可について準用する。

(平二〇規則四〇・全改)

(指定管理者に管理を行わせる場合の使用時間等)

第六条 条例第六条の規定により環境と文化のむらの管理を指定管理者に行わせる場合(以下「指定管理者に管理を行わせる場合」という。)の環境と文化のむらの使用時間及び休業日は、第二条第一項並びに第三条第一項及び第二項の規定にかかわらず、第二条第一項に定める使用時間並びに第三条第一項及び第二項に定める休業日を基準として指定管理者があらかじめ知事の承認を受けて定めるものとする。これらを変更しようとするときも、同様とする。

2 指定管理者に管理を行わせる場合における第二条第二項並びに第三条第三項及び第四項の規定の適用については、これらの規定中「知事」とあるのは「指定管理者」と、第二条第二項中「前項に定める」とあり、及び第三条第三項中「前二項に定める」とあるのは「第六条第一項の規定による」とする。

3 指定管理者は、第一項の規定により使用時間及び休業日を定め、若しくは変更し、又は前項の規定により読み替えて適用される第二条第二項若しくは第三条第三項の規定によりこれらを変更し、若しくは臨時に休業日を設けたときは、その使用時間及び休業日を環境と文化のむらの入口その他公衆の見やすい場所に掲示するほか、必要な周知に努めなければならない。

(平二〇規則四〇・追加)

(指定管理者に管理を行わせる場合の使用の許可の申請等)

第七条 指定管理者に管理を行わせる場合における第五条第一項及び同条第二項において準用する第四条第二項の規定の適用については、第五条第一項中「第四条第一項」とあるのは「第七条第二項の規定により読み替えて適用される条例第四条第一項」と、「環境と文化のむら施設使用許可申請書(様式第三号)を知事に提出しなければ」とあるのは「指定管理者の定めるところにより、指定管理者に申請しなければ」と、同条第二項において準用する第四条第二項中「知事は、環境と文化のむらにおける行為」とあるのは「指定管理者は、条例第四条第一項各号に掲げる施設の使用」と、「行為の許可又は当該許可に係る事項の変更の許可をしないものとする」とあるのは「使用の許可をしてはならない」とする。

2 指定管理者は、前項の規定により読み替えて適用される第五条第一項の規定により使用の許可の申請に係る手続を定めたときは、その周知に努めなければならない。

(平二〇規則四〇・追加)

(補則)

第八条 この規則に定めるもののほか、環境と文化のむらの管理に関し必要な事項は、知事が別に定める。

2 前項の規定により別に定めるもののほか、指定管理者に管理を行わせる場合の環境と文化のむらの管理に関し必要な事項は、指定管理者があらかじめ知事の承認を受けて定めるものとする。ただし、当該事項のうち知事が軽微なものと認めるものについては、当該承認を受けることを要しない。

(平二〇規則四〇・旧第六条繰下・一部改正)

附 則

この規則は、平成七年四月一日から施行する。ただし、第二条及び第四条の規定(条例第四条第一項第三号に掲げる施設及び自然ふれあいセンターに関する部分に限る。)は、平成七年六月一日から施行する。

附 則(平成八年規則第四八号)

この規則は、平成八年四月一日から施行する。

附 則(平成九年規則第九号)

この規則は、平成九年四月一日から施行する。

附 則(平成一二年規則第七三号)

この規則は、平成十二年四月一日から施行する。

附 則(平成二〇年規則第四〇号)

1 この規則は、公布の日から施行する。ただし、第六条の改正規定(同条に一項を加え、同条を第八条とする部分に限る。)及び第五条の次に二条を加える改正規定並びに次項の規定は、平成二十一年四月一日から施行する。

2 この規則による改正後の秋田県環境と文化のむら条例施行規則(以下「改正後の規則」という。)第六条第一項の規定による使用時間及び休業日の承認並びに改正後の規則第八条第二項の規定による秋田県環境と文化のむらの管理に関し必要な事項の承認に関する手続は、この規則の施行前においても行うことができる。

附 則(平成二二年規則第三〇号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

3 この規則による改正前の本則に規定する規則に定める様式により作成された用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(平8規則48・平12規則73・平20規則40・平22規則30・一部改正)

画像

(平8規則48・平12規則73・平20規則40・平22規則30・一部改正)

画像

(平8規則48・平20規則40・平22規則30・一部改正)

画像

秋田県環境と文化のむら条例施行規則

平成7年3月30日 規則第17号

(平成22年6月18日施行)