○秋田県立博物館条例

昭和五十年三月十二日

秋田県条例第十五号

秋田県立博物館条例をここに公布する。

秋田県立博物館条例

(設置)

第一条 郷土の自然と人文に関する認識を深め、県民の学術及び文化の発展に寄与するため、秋田県立博物館(以下「博物館」という。)を秋田市金足鳰崎字後山五十二番地に設置する。

(職員)

第二条 博物館に事務職員、技術職員その他の所要の職員を置く。

(博物館協議会)

第三条 博物館に秋田県立博物館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会は、委員十五人以内で組織する。

3 委員は、次に掲げる者のうちから、教育委員会が任命する。

 学校教育及び社会教育の関係者

 家庭教育の向上に資する活動を行う者

 学識経験のある者

 博物館の利用者

4 委員の任期は、二年とする。ただし、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(平二四条例三四・一部改正)

(入館料等の徴収)

第四条 博物館本館において特別の展示を行う場合は、同館に入館しようとする者から入館料を徴収する。

2 前項の入館料の額は、別表第一に定める額の範囲内においてその展示の都度知事が定める。

3 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百三十八条の四第七項の規定による許可を受けて講堂又は学習室を使用しようとする者から、別表第二に定めるところにより、使用料を徴収する。

(平八条例四二・平一一条例四二・平一九条例三四・一部改正)

(入館料等の減免)

第五条 知事は、特別な理由があると認めたときは、入館料又は使用料を減免することができる。

(入館料等の不還付)

第六条 既に徴収した入館料又は使用料は、還付しない。ただし、知事は、講堂又は学習室の使用について、使用者の責に帰することのできない事由により、使用することができなくなつたときその他特に必要があると認めたときは、その一部又は全部を還付することができる。

(施行規定)

第七条 この条例の施行に関し必要な事項は、別に定める。

(施行期日)

1 この条例は、教育委員会規則で定める日から施行する。

(昭和五〇年教委規則第七号で昭和五〇年五月一日から施行)

(特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)

2 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(昭和三十一年秋田県条例第三十五号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(重要な公の施設等の範囲を定める条例の一部改正)

3 重要な公の施設等の範囲を定める条例(昭和三十九年秋田県条例第三十一号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(平成元年条例第六号)

(施行期日)

1 この条例は、平成元年四月一日から施行する。

(平成四年条例第四六号)

この条例は、平成四年四月一日から施行する。

(平成八年条例第四二号)

この条例は、平成八年四月一日から施行する。

(平成九年条例第七号)

(施行期日)

1 この条例は、平成九年四月一日から施行する。

(平成一一年条例第四二号)

この条例は、平成十一年四月一日から施行する。

(平成一九年条例第三四号)

この条例は、地方自治法の一部を改正する法律(平成十八年法律第五十三号)附則第一条第二号に掲げる規定(地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百三十八条の四の改正規定に限る。)の施行の日又はこの条例の公布の日のいずれか遅い日から施行する。

(施行の日=平成一九年三月一日)

(平成二四年条例第三四号)

この条例は、平成二十四年四月一日から施行する。

(平成二六年条例第八一号)

1 この条例は、平成二十六年四月一日から施行する。

(平成二八年条例第三七号)

この条例は、学校教育法等の一部を改正する法律(平成二十七年法律第四十六号)の施行の日(平成二十八年四月一日)から施行する。

(平成三一年条例第三七号)

この条例は、平成三十一年十月一日から施行する。

別表第一(第四条関係)

(平一一条例四二・全改、平二八条例三七・一部改正)

入館料の上限額

区分

金額

個人

二十人以上の団体

小学校児童及び中学校生徒

二〇〇円

一人につき 一六〇円

高等学校生徒並びに高等専門学校及び大学の学生

四〇〇円

一人につき 三二〇円

一般

六〇〇円

一人につき 四八〇円

備考 この表における「小学校児童及び中学校生徒」及び「高等学校生徒並びに高等専門学校及び大学の学生」には、それぞれこれらの者に準ずる者を含むものとする。

別表第二(第四条関係)

(平元条例六・平四条例四六・平八条例四二・平九条例七・平二六条例八一・平三一条例三七・一部改正)

使用料

区分

金額

講堂

一日 一一、九四〇円

半日 五、九七〇円

学習室

一日 三、五六〇円

半日 一、七八〇円

備考 この表において「一日」とは、午前九時から午後五時まで(十一月一日から翌年二月末日までにあつては、午前九時から午後四時まで)をいい、「半日」とは、午前九時から午後一時まで又は午後一時から午後五時まで(十一月一日から翌年二月末日までにあつては、午前九時から午後零時三十分まで又は午後零時三十分から午後四時まで)をいう。

秋田県立博物館条例

昭和50年3月12日 条例第15号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第12編 教育委員会/第7章 生涯学習
沿革情報
昭和50年3月12日 条例第15号
平成元年3月31日 条例第6号
平成4年3月31日 条例第46号
平成8年3月29日 条例第42号
平成9年3月28日 条例第7号
平成11年3月19日 条例第42号
平成19年3月13日 条例第34号
平成24年3月30日 条例第34号
平成26年3月28日 条例第81号
平成28年3月25日 条例第37号
平成31年3月15日 条例第37号