○蘭越町ふれあい定住住宅地貸付及び分譲に関する条例施行規則

平成9年11月25日

規則第18号

(目的)

第1条 この規則は、蘭越町ふれあい定住住宅地(以下「定住住宅地」という。)貸付及び分譲に関する条例(平成9年条例第40号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(対象者の条件)

第2条 定住住宅地貸付等の条件は、次のとおりとする。

(1) 将来にわたり町に定住し、町の行事や地域活動に積極的に取り組み、町の発展に寄与する意志を有する者

(2) 住宅建築後は生活の本拠地を蘭越町に置き、住民票を移すことを確約できる者

(3) 年齢は20歳以上で、配偶者又は扶養親族を有する者

(4) その他、町長が特に必要と認める者

(申請)

第3条 条例第4条の規定により定住住宅地の貸付及び分譲の許可を受けようとする者は、それぞれ定住住宅地貸付申請書(様式第1号)又は定住住宅地分譲申請書(様式第2号)に、次の各号に掲げる書類を添えて町長に申請しなければならない。

(1) 申請理由書

(2) 住所移転等確約書

(3) 住宅建築計画書

(4) 所得を証明する書類

(5) 保証人となる予定者名簿

(審査委員会)

第4条 条例第5条に規定する審査委員会に会長及び副会長を置く。

2 会長及び副会長は審査委員の内から互選により決定する。

3 会長は会務を総括し、審査委員会を代表する。

4 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代理する。

(審査)

第5条 審査委員会は、町長の諮問に応じ次に掲げる事項を審査する。

(1) 貸付及び分譲の決定に関すること。

(2) 分譲価格、及び貸付地を譲渡する場合の譲渡価格に関すること。

(3) その他、町長が特に必要と認める事項

(決定)

第6条 町長は、条例第6条の規定により貸付及び分譲を決定した場合は、当該決定者に対して、それぞれ定住住宅地貸付許可書(様式第3号)又は定住住宅地分譲許可書(様式第4号)を交付する。

(手続き)

第7条 前条の定住住宅地貸付許可書、又は定住住宅地分譲許可書の交付を受けた者は、それぞれ定住住宅地貸借契約書(様式第5号)又は定住住宅地分譲契約書(様式第6号)を1箇月以内に締結しなければならない。

(契約保証金)

第8条 前条による定住住宅地貸借契約締結時に契約保証金として100万円を納めなければならない。

(届出及び取り消し)

第9条 借受人は、次の事項が生じた場合は書面により町長に届出をし、その許可を受けなければならない。

(1) やむを得ぬ事由により、住所移転を余儀なくされる場合

(2) やむを得ぬ事由により、契約期間満了前に借受名義等の変更をしようとする場合

(3) その他の事由により、借受及び建築を中止若しくは延期する場合

2 前項の規定による手続き等を怠つた場合、若しくは悪意により条例に違反したときは、許可の取り消し又は原状回復を命じ、保証金を返還しないことがある。

(協力)

第10条 町長は、条例第6条の規定により貸付の決定を受けた者に対しては、次に掲げる地域活動を積極的に協力させることができる。

(1) 蘭越町で実施される行事及びイベント事業

(2) 社会福祉活動全般

(3) コミュニティ活動全般

(貸付地の譲渡)

第11条 町長は、条例第12条の規定による該当者より町有財産譲渡申請書(様式第7号)を受けたときは審査委員会に諮り、譲渡を決定(様式第8号)する。

2 譲渡価格は、3.3m2当たり10,000円を譲渡面積に乗じた額とする。ただし、貸借契約期間中に著しい土地相場の変動があつた場合は、審査委員会に諮り、相場の変動に見合う単価に変更する。

(経費)

第12条 貸借及び分譲契約等に要する経費は、借受人の負担とする。

(補則)

第13条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像画像画像画像画像画像

画像

画像

画像

画像画像画像

画像画像画像

画像

画像

蘭越町ふれあい定住住宅地貸付及び分譲に関する条例施行規則

平成9年11月25日 規則第18号

(平成9年11月25日施行)