○蘭越町建設工事等指名競争入札参加者指名基準

平成9年3月5日

基準第1号

(総則)

第1条 蘭越町建設工事入札参加者指名選考委員会規定及び蘭越町競争入札参加資格関係事務処理要綱に基づき、蘭越町が発注する土木工事、建築工事等(以下「建設工事等」という。)を指名競争入札する場合の請負業者の選定について定める。

(共通的基準)

第2条 指名競争入札に参加する者は、次に掲げる共通的基準たる要件を満たしていなければならないとともに、指名に当たつては契約の適正な履行の確保を図ることができる範囲内において地場業者の育成に努めなければならない。

1 経営内容等

指名しようとする時点において、著しい経営状況の悪化並びに資産及び信用度の低下の事実がなく、かつ、契約の履行がされないこととなるおそれがない者であること。

2 法的適正

契約の性質又は目的により当該契約の履行について、法令の規定に基づく許可、認可、免許、登録等を必要とするものにあつては、当該許可認可、免許、登録等を受けている者であること。

3 技術的適正

契約の性質又は目的により当該契約の履行について、特殊な技術、機械器具又は設備を必要とするものにあつては、当該特殊な技術、機械器具又は設備を保有する者であること。

4 地理的適正

履行期限、履行場所、アフターサービス等の契約の内容を勘案し、一定地域内の者のみを対象として競争に付することが有利と認められるものにあつては、当該一定地域内で営業している者であること。

5 経営規模的適正

指名しようとする時点において、未履行契約高(現に履行中のものを含む。)と当該指名競争入札に係る予定契約高とを総合して契約規模に余裕があると認められる者であること。

(事業別基準)

第3条 指名競争入札に参加する者は、工事の請負契約、物件の購入等の契約ごとの次に掲げる事業別基準たる要件を満たしていなければならない。

1 工事の請負

工事(一般土木工事、舗装工事、鋼橋上部工事、農業土木工事、森林土木工事、建築工事、電気工事及び管工事に限る。以下同じ。)の請負契約に係る指名競争入札に参加する者は、当該指名競争入札に付そうとする工事の予定価格(以下「予定価格」という。)に対応する等級に格付けされた者であること。ただし、次の各号に掲げる場合にあつてはそれぞれ当該各号に定める者を指名することができる。

(1) 指名競争入札に付そうとする工事がその施工上特殊な専門的技術を必要とする場合 資格者名簿に登録された者

(2) 指名競争入札に付そうとする工事がその施工上高度な技術を必要とする場合 予定価格に対応する等級の上2位までの等級に格付けされた者

(3) 指名競争入札に付そうとする工事が全体計画の一部である場合 当該計画に係る全体の契約予定金額を勘案の上、予定価格に対応する等級より上位の等級に格付けされた者

(4) 舗装工事及び鋼橋上部工事並びに維持修繕工事がその内容、施工方法施工に必要な機械器具、設備の保有状況等の諸条件から、予定価格に対応する等級によりがたい特別の理由があると認められる場合 資格者名簿に登載された者

(5) 工事の施工場所がへん地等である場合 予定価格に対応する等級の上2位まで及び直近下位の等級に格付けされた者

(6) 指名競争入札に付そうとする工事が前各号によりがたい理由により、特例を必要とする場合 その特例に該当する者

(入札参加者数)

第4条 指名競争入札参加者の指名数は、工事等級区分に対応し、原則として、別表のとおりとする。ただし、舗装工事、橋梁上部工事、電気工事、管工事及び施工上特殊な専門的技術を必要とする工事については、建設業者の施工能力、地域性等を勘案して適切な数の業者を指名するものとする。

2 指名数が前項に掲げる数に満たない場合は、必要に応じて、指名数を減じることができる。

(測量業務等参加資格者)

第5条 測量、地質調査工事設計及び工事監理業務指名参加資格者については、前条の規定を準用する。

(再度公告入札における指名の取扱い)

第6条 指名競争入札の結果、不調となつた工事について再度公告入札を行う場合の入札参加業者の指名は、次の各号に掲げるところにより行うものとする。

(1) 当初の設計を変更しないときは、業者を変更して指名業者を選定するものとする。ただし、当初入札参加者全員の錯誤等による入札不調と認められる場合は、この限りでない。

(2) 設計上の単価の改定または、工事の設計を一部変更することにより、再度公告入札を行う場合は、同一の業者を指名業者として選定するものとする。ただし、当初の入札参加者で落札の見込みがないと認められる者については、再度公告入札においては指名しないものとする。

附 則

この基準は、平成9年4月1日から適用する。

附 則(平成24年8月10日基準第1号)

この基準は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

別表

一般土木工事

工事等級Aのうち9,000万円以上――10人以上

工事等級Aのうち9,000万円未満6,000万円以上 7人以上

工事等級BCD及びEのもの――5人以上

建築工事

工事等級Aのうち12,000万円以上――10人以上

工事等級Aのうち12,000万円未満9,000万円以上 7人以上

工事等級BCD及びEのもの――5人以上

(等級区分に応ずる工事予定価格)

 

土木工事

建築工事

電気工事

管工事

舗装工事

鋼橋上部工事

A

6,000万円以上

9,000万円以上

3,000万円以上

3,500万円以上

6,000万円以上

3,000万円以上

B

6,000万円未満3,000万円以上

9,000万円未満3,000万円以上

3,000万円未満1,500万円以上

3,500万円未満1,500万円以上

6,000万円未満

3,000万円未満

C

3,000万円未満1,000万円以上

3,000万円未満1,000万円以上

1,500万円未満

1,500万円未満

 

D

1,000万円未満500万円以上

1,000万円未満500万円以上

 

 

E

500万円未満

500万円未満

指名競争入札参加者指名基準に関する運用基準

平成9年4月1日施行

指名基準の留意事項

1 審査基準日以降における不誠実な行為の有無

以下の事項に該当する場合は、指名しないこと。

(1) 蘭越町の工事請負契約に係る指名停止事務処理要領に基づく指名停止期間中であること(以下「指名停止要領」という。)

(2) 蘭越町発注工事に係る請負契約に関し、次に掲げる事項に該当し、当該状態が継続していることから請負者として不適当であると認められること。

① 工事請負契約書に基づく工事関係者に関する措置請求に請負者が従わないこと等請負契約の履行が不誠実であること。

② 一括下請、下請代金の支払遅延、特定資材等の購入強制等について、関係行政機関等からの情報により請負者の下請契約関係が不適当であることが明確であること。

(3) 警察当局から、蘭越町の長に対し、暴力団員が実質的に経営を支配する建設業者又はこれに準ずるものとして、公共工事からの排除要請があり、当該状態が継続している場合など明らかに請負者として不適切であると認められること。

2 審査基準日以降における経営状況

民間信用調査機関の情報で、銀行取引停止処分を受けた事実が確認され、主要取引先からの取引停止等の事実があり、経営状態が著しく不健全である場合は指名しないこと。

3 審査基準日以降における工事成績

(1) 蘭越町請負工事施行成績評定基準(以下「工事成績」という。)の平均が過去2年間連続して60点未満である場合は指名しないこと。

(2) 工事成績等が優良であるかどうかを総合的に勘案すること。

(3) 工事成績の平均が過去2年連続して80点以上であること、表彰状又は感謝状を受けていること等工事の成績が特に優良である場合は、これを十分尊重すること。

4 当該工事に対する地理的条件

本店、支店又は営業所の所在地及び当該地域での工事実績等から見て、当該地域における工事の施行特性に精通し、工種及び工事規模等に応じて当該工事を確実かつ円滑に実施できる体制が確保できるかどうかを総合的に勘案すること。

5 手持ち工事の状況

当該地域における工事の手持ち状況から見て当該工事を施工する能力があるかどうかを総合的に勘案すること。

6 当該工事施工についての技術的適正

以下の事項に該当するかどうかを総合的に勘案すること。

(1) 当該工事と同種工事について相当の施工実績があること。

(2) 当該工事の施工に必要な施工管理、品質管理等の技術的水準と同程度と認められる技術的水準の工事の施工実績があること。

(3) 地形、地質等自然的条件、周辺環境条件等当該工事の作業条件と同等と認められる条件下での施工実績があること。

(4) 発注予定工事種別に応じ、当該工事を施工するに足りる有資格技術職員が確保できると認められること。

7 審査基準日以降における安全管理の状況

(1) 指名停止要領に基づく指名停止期間中である場合は、指名しないこと。

(2) 蘭越町発注工事について、安全管理の改善に関し労働基準監督署等からの指導があり、これに対する改善を行わない状態が継続している場合であつて明らかに請負者として不適当であると認められるときは、指名しないこと。

(3) 安全管理の状況が優良であるかどうかを総合的に勘案すること。

(4) 蘭越町発注工事について過去2年間に死亡者の発生及び休業8日以上の負傷者の発生がないこと等安全管理成績が特に優良である場合は、これを十分尊重すること。

8 審査基準日以降における労働福祉の状況

(1) 賃金不払に関する労働省からの通報が蘭越町の長に対してあり、当該状態が継続している場合であつて明らかに請負者として不適当であると認められるときは、指名しないこと。

(2) 蘭越町発注工事について建設業退職金共済組合又は中小企業退職金共済事業団と退職金共済契約を締結していないかどうか、又は証紙購入若しくは貼付が不十分かどうかを総合的に勘案すること。

(3) 建設労働省の雇用・労働条件の改善に取り組み表彰状を受けていること等労働福祉の状況が特に優良である場合は、これを十分尊重すること。

(注) 審査基準日以降における状況等に係る事項については、必要があると認めるときは、審査基準日以前の状況等も勘案し、当該状況等を判断することができるものとする。

蘭越町建設工事等指名競争入札参加者指名基準

平成9年3月5日 基準第1号

(平成24年8月10日施行)

体系情報
第10編 設/第1章 土木・河川
沿革情報
平成9年3月5日 基準第1号
平成24年8月10日 基準第1号