○蘭越町ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年3月31日

規則第9号

(趣旨)

第1条 この規則は、蘭越町ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例(平成17年蘭越町条例第7号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利用料金)

第2条 管理受託者は、条例第9条第2項に規定する利用料金の額の承諾を受けようとするときは、利用料金承諾申請書(別記様式第1号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の利用料金承諾申請書の提出があつたときは、これを審査し、適当と認めたときは、利用料金承諾書(別記様式第2号)を交付するものとする。

(使用等の承諾)

第3条 蘭越町ふれあいの郷(以下「ふれあいの郷」という。)を使用又は利用しようする者(以下「使用者等」という。)は、使用開始前に、管理者(町長又はふれあいの郷の管理を委託した場合の管理受託者をいう。以下同じ。)の承諾を受けなければならない。

(使用料等の減免)

第4条 条例第6条及び第10条に規定する使用料又は利用料金の減免は、次の各号に掲げる場合にすることができる。

(1) 町又は町の機関が主催又は共催する事業に使用するとき。

(2) その使用が特に公益性の高いものと認められるとき。

(3) その使用に係る事業が産業振興上減免が必要と認められるとき。

(4) その他町長が必要と認めたとき。

(使用料等の還付)

第5条 条例第7条ただし書及び第11条ただし書に規定する使用料又は利用料金の還付は、次の各号に掲げる場合にすることができる。

(1) 災害その他使用者等の責めに帰することができない理由により、使用できなくなつた場合

(2) 使用者等から使用前日までに使用の変更又は取消しの申出があつた場合

(職員の立入)

第6条 使用者等は、ふれあいの郷の使用中に、関係職員の職務上の立入りを拒んではならない。

(破損の届出)

第7条 使用者等が施設、設備、備品等を破損若しくは汚損又は滅失したときは、直ちに、破損(汚損、滅失)(別記様式第3号)により管理者に届け出て、その指示を受けなければならない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

画像画像

画像画像

画像

蘭越町ふれあいの郷の設置及び管理に関する条例施行規則

平成17年3月31日 規則第9号

(平成17年4月1日施行)