○蘭越町地場産業振興加工センターの設置及び管理に関する条例

平成17年12月21日

条例第38号

蘭越町地場産業振興加工センター設置条例(昭和59年蘭越町条例第2号)の全部を改正する。

(設置)

第1条 農産物及び山菜等の高次加工によつて付加価値を高め、もつて農家経営の安定と地場産業の振興を図るため、蘭越町地場産業振興加工センター(以下「加工センター」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 加工センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 蘭越町地場産業振興加工センター

位置 蘭越町昆布町24番地44

(業務)

第3条 加工センターでは、次の業務を行う。

(1) 農産物及び山菜等加工技術の研究開発

(2) 地域の特性を生かした地場特産品の掘り起し研究開発

(3) 加工試作品等の販売、消費流通調査及び市場の開拓

(4) 町民に対する加工技術の指導及び生産加工意欲の育成強化

(5) その他、前各号の業務に附帯する業務

(指定管理者による管理)

第4条 町長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により、加工センターの管理に関する次の業務を指定管理者に行わせるものとする。

(1) 加工センターの施設及び設備の維持管理に関する業務

(2) 第3条に掲げる業務

(3) 前2号に掲げる業務に付随する業務

(指定管理者の義務)

第5条 指定管理者は、施設物件等を良好な状態において管理しなければならない。

(損害賠償)

第6条 加工センターを利用する者は、その利用により施設の建物、附属設備等を損傷し、又は滅失したときは、町長の定める損害を賠償しなければならない。ただし、町長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。

2 加工センターを利用する者は、前項に規定する損害を与えたときは、直ちにその旨を町長に届け出、その指示を受けなければならない。

(町長による管理)

第7条 第4条の規定にかかわらず、町長はやむを得ない事情があると認められるときは、加工センターの管理に係る業務を行うことができる。

2 前項の規定により加工センターの管理に係る業務を行う場合においては、第5条(見出しを含む。)中「指定管理者」とあるのは「町長」と読み替えるものとする。

(委任)

第8条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

蘭越町地場産業振興加工センターの設置及び管理に関する条例

平成17年12月21日 条例第38号

(平成18年4月1日施行)