○蘭越町水道料金等及び下水道使用料金等に係る漏水減免制度における認定水量取扱要綱

平成22年3月30日

要綱第7号

(趣旨)

第1条 この取扱基準は、蘭越町簡易水道事業給水条例施行規則(以下「規則」という。)第16条に規定する水道料金等及び蘭越町農業集落排水処理施設設置及び管理に関する条例施行規則第9条に規定する下水道使用料金等の軽減又は免除(以下「減免」という。)について、必要な事項を定めるものとする。

(減免の対象)

第2条 町長は、次の各号のいずれかに該当する場合に、減免の対象とする。

(1) 給水装置からの漏水

(2) 量水器取付部からの漏水

(3) 老朽化又は災害等の不可抗力的な要因で給水装置が腐食し又は破損したことによる漏水

(4) 第三者行為による漏水

(5) その他町長が特に認めた場合

2 前項第1号から第4号については、漏水を発見した日の属する月から修理完了した日の属する月の2ヵ月間とする。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(減免の対象外)

第3条 次の各号に該当するときは、減免は行わないものとする。

(1) 水道使用者が漏水の事実を知りながら1ヶ月以上修理を怠つた場合。ただし、特別な理由により町長が認めた場合は、この限りでない。

(2) 水道使用者等が故意に給水装置を損傷した場合

(3) 水道使用者が給水装置等の善良な維持管理を著しく怠つたことにより漏水した場合

(4) 水道法施行令第5条に定める基準に適合しない給水装置の設置に伴い漏水した場合

(5) 町長が指定した給水装置工事事業者以外の者が修理した場合による漏水。ただし、緊急かつ止むを得ないと町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(6) 水道料金に滞納がある者

(減免の申請)

第4条 漏水を確認した水道使用者は、直ちに蘭越町指定給水装置設置工事事業者に修理を依頼し、修理が終了した時点において、水道料金等減免申請書を町長に提出することとする。なお、申請書には、修理をしたことが確認できる写真等を添付することを原則とする。

(減免率)

第5条 規則第13条の認定水量を算出するための減免率は、次の各号による。

(1) 第2条に該当する漏水については、漏水水量を8割減免する。

(2) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の適用を受けている者又は75歳以上の老人世帯及び独居老人世帯については、前号の規定にかかわらず、10割減免とする。

(認定水量の積算方法)

第6条 漏水時における認定水量については、該当月の前3月の使用水量の平均(3月については、前3回の使用水量の合計)又は前年同期における使用水量のどちらか低い方を該当月の使用水量見込みとし、その水量に各自における管理責任料とした管理料として水量10立方メートル相当額を加えて積算した金額又は漏水見込水量を8割減免の方法で積算した金額のいずれか低い方で決定した請求金額の認定水量とする。

(漏水以外による減免措置)

第7条 漏水以外(蛇口の閉め忘れ等による出しつ放し)による減免については、次の各号による。

(1) 過失による出しつ放しについては、漏水量の5割減免とし、その認定を受けた者が出しつぱなしを発見した日から1年以内に出しつぱなしがあつた場合は、減免の対象としない。故意に出しつぱなしをした場合又は悪質な利用についても、同様とする。

(2) 不可抗力による出しつ放しについては、認定水量により算出した水量見込みに管理料水量10立方メートル相当額を加えた金額又は閉め忘れ水量の8割減免後のいずれか高い方の金額を請求することとする。

(3) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の適用を受けている者又は75歳以上の老人世帯及び独居老人世帯並びに公園等、町の公共屋外施設において、不特定多数の利用者による蛇口の閉め忘れ等(いたずらを含む。)による出しつぱなしについては、前各号の規定にかかわらず、10割減免とする。

(減免の決定)

第8条 算定した認定水量及び減免額については、蘭越町水道料金等の減免に係る承認審査委員会において審議し、町長が決定することとする。

(通知)

第9条 前条の決定された内容については、漏水等該当者に対し文書で通知することとする。

附 則

この要綱は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成26年8月20日要綱第22号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月20日要綱第5号)

この要綱は、公布の日から施行する。

蘭越町水道料金等及び下水道使用料金等に係る漏水減免制度における認定水量取扱要綱

平成22年3月30日 要綱第7号

(平成27年3月20日施行)