○イエスクリーン米等生産拡大支援事業補助金交付要綱

平成24年7月6日

要綱第24号

(目的)

第1条 この要綱は、化学合成農薬と化学肥料の低減による環境保全型農業を推進し、清流日本一に幾度も輝いている尻別川の水質を保全するとともに、消費者の食に対する安全・安心の高まりと、流通、販売面におけるクリーン農産物の差別化に対応し、らんこし米のブランド化を図るため、イエスクリーン米等の生産拡大を支援することを目的とする。

(用語の定義)

第2条 前条の「イエスクリーン米等」の定義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) イエスクリーン米 北海道独自の「北のクリーン農産物表示制度」により、農薬や肥料の使用削減等の「登録基準」を満たして生産されたものをいう。なお、実証圃面積も含むものとする。

(2) 特別栽培米 農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に沿つて生産されたものをいう。

(補助金の交付対象者)

第3条 補助金の交付対象者は、蘭越町内に在住する農業者又は団体等(以下「農業者等」という。)とする。

(補助基準及び補助額)

第4条 補助基準及び補助額は、次のとおりとする。

(1) 農業者等が生産したイエスクリーン米等の実績面積に対し、予算の範囲内で10アール当たり4,000円を限度に補助するものとする。

(2) イエスクリーン米実証圃の補助対象面積は、30aを限度とする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする者は、補助金交付申請書(別記第1号様式)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項のほか必要と認められる書類の提出を求めることができるものとする。

(補助金の交付決定等)

第6条 町長は、前条の補助金交付申請書を受理したときは、速やかに、その内容を審査し、第4条の要件に適合すると認められるときは、補助金の交付を決定し、申請者に通知の上、補助金を交付するものとする。

(奨励金の交付の決定の取消し等)

第7条 前条により補助金の交付の決定を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、町長は、補助金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。

(1) この要綱の規定に違反したとき。

(2) 虚偽の申請その他不正行為があつたとき。

2 町長は、前項により補助金の交付の決定を取り消した場合において、すでに補助金が交付されたときは、返還を命ずることができる。

(その他必要な事項)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

附 則(平成29年12月11日要綱第33号)

この要綱は、平成30年1月1日から施行する。

画像

イエスクリーン米等生産拡大支援事業補助金交付要綱

平成24年7月6日 要綱第24号

(平成30年1月1日施行)