○蘭越町観光戦略アドバイザー設置要綱

平成30年3月22日

要綱第6号

(設置)

第1条 蘭越町の観光振興政策を戦略的かつ効率的に推進することを目的とし、この分野の専門家が有するノウハウや知識、さらにはネットワークなどを活用するため、「蘭越町観光戦略アドバイザー」(以下「アドバイザー」という。)を設置する。

(委嘱)

第2条 アドバイザーは、前条の設置の趣旨に賛同した者で、次に掲げる者のうちから町長が委嘱する。

(1) 観光振興の知識及び経験を有し、観光の分野で活躍する者

(2) 本町の魅力を理解し、本町の観光事業等に貢献することが見込まれる者

(委嘱の期間)

第3条 アドバイザーの委嘱期間は、年度毎とし、再任を妨げない。

(解職)

第4条 町長は、アドバイザーが次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、解職することができる。

(1) 本人が任期の途中で死亡したとき。

(2) 本人が特別な理由によりアドバイザーの職を辞する意思を表示したとき。

(3) 疾病等により、アドバイザーの活動を続けることが困難なとき。

(4) 本町の観光振興に不適当な言動や行動があつたとき。

(人数)

第5条 アドバイザーの人数は、若干名とする。

(活動内容)

第6条 アドバイザーは、次に掲げる活動のいずれかを行うものとする。

(1) 本町の持つ観光面における魅力、地域資源等を取材し、情報発信をすること。

(2) 町長が必要と認めた事項及び本町が行う観光施策等について、適切な指導・助言を行うこと。

(3) 本町で開催される観光会議等で講演すること。

(4) テーマに応じ、事業の企画立案や実施についてアドバイスを行うこと。

(5) 前4号に定めるもののほか、本町の観光イメージの向上を図るための事業に可能な範囲で協力すること。

(報酬等)

第7条 アドバイザーに対する報酬は、活動1年間につきらんこし米60kgとする。また、必要に応じ、蘭越町職員の旅費に関する条例(昭和41年蘭越町条例第7号)に準じて旅費を支払うことができる。

2 アドバイザーの活動に必要な次のものは、町で用意し、支給する。

(1) 名刺

(2) 観光パンフレット等

(3) その他必要な資料

(庶務)

第8条 アドバイザーに関する庶務は、商工労働観光課で処理する。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

蘭越町観光戦略アドバイザー設置要綱

平成30年3月22日 要綱第6号

(平成30年3月22日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第3章 商工・観光
沿革情報
平成30年3月22日 要綱第6号