○蘭越町新規就農奨励金交付要綱

平成30年6月15日

要綱第14号

(目的)

第1条 蘭越町(以下「町」という。)に新規就農する者が、将来にわたり農業経営を続け、自信と誇りを持つた農業経営を確立するとともに、地域農業発展の中核者として育成することを目的に、新規就農者に対し新規就農奨励金(以下「就農奨励金」という。)を交付する。

(交付対象者)

第2条 就農奨励金の交付対象者は、次の各号に掲げる要件を満たし、将来にわたり蘭越町で農業を続けていく意思を有する者とする。

(1) 町の住民基本台帳に登録され、かつ、生活の本拠がある者。

(2) 農地法又は農業経営基盤強化法に基づき農地を取得し、又は農地の使用収益権を有している者。

2 民法第725条で定める親族との間で、前項第2号に定める事由が発生した者は、交付対象者から除く。

(奨励金の額等)

第3条 就農奨励金の額は240,000円とする。

2 夫婦で該当する場合は、営農の主となるいずれか一方に交付する。

(交付申請及び交付決定)

第4条 就農奨励金の交付を受けようとする者は、交付申請書(別記様式)に、農地売買契約書の写し又は農地賃貸借契約書の写しと世帯全員の住民票を添付し、町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請があつたときは、その内容を審査の上その適否を決定し、その旨を申請者に通知するものとする。

(交付の取消し及び返還)

第5条 町長は、就農奨励金を受けた者が、不正な手段により交付を受けたと認められたときは、奨励金の全部若しくは一部の返還を求めるものとする。ただし、町長が特に相当の事由があると認めたときは、この限りでない。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定めるものとする。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、公布の日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

(要綱の失効)

2 この要綱は、平成33年3月31日に限り、その効力を失う。

画像

蘭越町新規就農奨励金交付要綱

平成30年6月15日 要綱第14号

(平成30年6月15日施行)