○蘭越町開基120年記念事業実行委員会設置要綱

平成30年7月4日

要綱第16号

(目的)

第1条 この実行委員会(以下「委員会」という。)は、蘭越町開基120年を迎えるにあたり、町民がこぞつて先人の偉業を偲び、功績を讃え、21世紀半ばに向けて町の発展を期するために行う記念事業の計画実施について協議し、これらの円滑な推進を図ることを目的とする。

(所掌事項)

第2条 委員会は、次の事項について協議し、決定する。

但し、表彰等に関する事項は除く。

(1) 記念事業の計画・準備に関すること。

(2) 記念事業の実施に関すること。

(3) 協賛事業に関すること。

(4) その他、目的達成に必要なこと。

(組織及び任期)

第3条 委員会は、町、議会、各関係機関及び町民公募を含め委員21名以内をもつて組織する。

2 委員は、町長が委嘱する。

3 委員の任期は、委嘱の日から記念事業終了の日までとする。

但し、各機関から選出された委員は、その職務を失つたとき解かれるものとし、直ちに欠員を補充する。

(役員)

第4条 委員会に次の役員を置く。

(1) 会長は、町長をもつてあてる。

(2) 副会長は、議長をもつてあてる。

(3) 監事2名は、委員の互選をもつてあてる。

(役員の任務)

第5条 役員の任務を次のとおりとする。

(1) 会長は、会務を総理し、委員会を代表する。

(2) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。

(3) 監事は、記念事業に係る会計を監査する。

(会議)

第6条 委員会の会議は、必要に応じて会長が招集し、会長が議長となる。

委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

部会は、必要に応じて部長が招集し、部長が議長となる。

(部会及び事務局の設置)

第7条 委員会に次の部会を置く。

(1) 総務・式典部会

(2) 記念事業部会

(3) 協賛事業部会

(4) 施設交通部会

2 各部会の所掌事項は、別表のとおりとする。

3 委員会の事務局を、役場総務課内に置く。

4 各部会の部員は、委員会に諮つて会長が指名する。

5 各部会には、部長、副部長、部員を置く。

各部会の部長、副部長は、部員の互選により選出する。

(委任)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、会長が定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行し、記念事業終了の日をもつてその効力を失う。

(別表)

【総務・式典部会】

① 記念事業の総合計画、実行委員会に関すること

② 予算に関すること

③ 記念誌の作成、看板等の設置、記念品に関すること

④ 他の部会との連絡調整に関すること

⑤ 他の部会に属さない事項に関すること

⑥ 記念式典(表彰式等)の計画、実施に関すること

⑦ 記念式典の来賓、参列者の案内、接待に関すること

⑧ 広報に関すること

⑨ その他必要なこと

【記念事業部会】

① 記念事業の企画立案、実施に関すること

② 記念イベント等の実施に関すること

③ 記念植樹に関すること

④ 広報に関すること

⑤ その他、事業に関すること

【協賛事業部会】

① 協賛事業の実施、助成に関すること

② 体育、文化団体の協賛事業に関すること

③ 広報との調整に関すること

④ その他、行事に関すること

【施設交通部会】

① 記念事業における施設に関すること

② 各記念事業の輸送に関すること

③ 交通指導員の協力依頼に関すること

④ 駐車場の選定と設営、警備に関すること

⑤ その他、施設、交通に関し必要なこと

蘭越町開基120年記念事業実行委員会設置要綱

平成30年7月4日 要綱第16号

(平成30年7月4日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成30年7月4日 要綱第16号