○嵐山町道路拡幅整備分筆費用補助金交付要綱

平成7年3月31日

告示第62号

(趣旨)

第1条 町は、嵐山町建築行為等にかかる道路拡幅整備要綱(平成7年告示第61号。以下「道路拡幅整備要綱」という。)に基づき、後退用地の分筆をしようとするものに対し、予算の範囲内において補助金を交付する。

2 前項の補助金の交付に関しては、嵐山町補助金等の交付手続等に関する規則(昭和52年規則第4号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この要綱に定めるところによる。

(補助対象経費)

第2条 補助金の対象となる経費は、後退用地の分筆に要する経費(土地家屋調査士に支払う報酬に限る。)とする。

(補助率)

第3条 補助金の率は、費用の2分の1かつ25万円を限度とする。

2 前項により算出された額に100円未満の端数がある場合、その額は切り捨てるものとする。

(申請書の様式)

第4条 規則第4条第1項の申請書の様式は、様式第1号のとおりとする。

(添付書類)

第5条 規則第4条第2項第1号から第4号に掲げる事項に係る書類の添付は要しない。

(交付決定通知書の様式)

第6条 規則第7条の交付決定通知書の様式は、様式第2号のとおりとする。

(補助金の請求)

第7条 補助事業者は、前条の交付決定通知を添えて嵐山町道路拡幅整備分筆費用補助金交付請求書(様式第3号)により、その交付を請求するものとする。

(書類の省略等)

第8条 規則第11条の状況報告及び第12条の実績報告は省略し、第13条の補助金等の額の確定は、第6条の交付決定通知の内容に変更がないときは、補助金交付決定通知書をもって確定したものとみなす。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成7年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

嵐山町道路拡幅整備分筆費用補助金交付要綱

平成7年3月31日 告示第62号

(平成7年4月1日施行)