○羅臼町職員衛生委員会規程

平成5年3月31日

規程第2号

羅臼町職員衛生委員会規程

(目的)

第1条 この規程は、羅臼町職員衛生管理規則(平成5年規則第3号)第4条の規定による職員衛生委員会(以下「委員会」という。)の組織及び運営に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(所掌事項)

第2条 委員会は、次に掲げる事項について調査審議する。

(1) 職員の健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること。

(2) 職員の衛生教育の実施計画の作成に関すること。

(3) 健康診断の結果に対する対策の樹立に関すること。

(4) その他保健衛生に係る重要事項に関すること。

(組織)

第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって構成し、それぞれ次に掲げる者をもって充てる。

(1) 委員長 主任衛生管理者

(2) 副委員長 職員の衛生管理担当係長

(3) 委員 衛生管理者

職員組合執行委員長

町長が必要と認めた者

2 町長は、前項に規定する委員のほか、産業医を委員として指名することができる。

(委員長及び副委員長の職務)

第4条 委員長は、委員会を総理し、会議の長となる。

2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。

(委員会の招集等)

第5条 委員会は、毎年4月に委員長が招集する。ただし、委員長が必要と認めたときは随時招集することができる。

2 委員会は、委員の過半数の出席をもって成立する。

3 委員会の議事は、出席委員の過半数をもって決する。

(出席要求)

第6条 委員会は、必要に応じ関係職員の出席を求め、意見を聴取することができる。

(結果報告等)

第7条 委員長は、会議終了後速やかに町長にその結果を報告し、又は意見を具申しなければならない。

(事務局)

第8条 委員会の事務を処理するため、事務局を総務課に置く。

(委任)

第9条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、委員長が委員会に諮って決める。

この規程は、公布の日から施行する。

(平成11年11月1日規程第10号)

この規程は、平成11年11月1日から適用する。

羅臼町職員衛生委員会規程

平成5年3月31日 規程第2号

(平成11年11月1日施行)