○羅臼町医療技術者等修学資金条例

昭和48年3月18日

条例第8号

羅臼町医療技術者等修学資金条例

(目的)

第1条 この条例は、医療技術等を専攻する者で将来町の公的機関又は町内の福祉施設等(以下「町の公的機関等」という。)に勤務しようとする者に対し、医療技術者等修学資金を支給し、優秀な医療技術者等の育成及び人材の確保を図り、もって町民の保健福祉医療の充実に寄与することを目的とする。

(修学資金の対象)

第2条 修学資金の支給を受ける者は、次の各号に掲げる者とする。

(1) 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学(以下「大学」という。)の医学を専攻する者又は大学を卒業して医師法(昭和23年法律第201号)に規定する臨床研修を行っている者で、その課程を終えて3年以上町の公的機関に勤務しようとする者でなければならない。

(2) 保健師助産師看護師法(昭和23年法律第203号)に基づく養成機関に修学する者で、その課程を終えて5年以上町の公的機関に勤務しようとする者

(3) 栄養士法(昭和22年法律第245号)に基づく管理栄養士の養成機関に修学する者で、その課程を終えて5年以上町の公的機関に勤務しようとする者

(4) 臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士(以下「臨床検査技師等」という。)を育成する法の規定に基づく養成機関に修学する者で、その課程を終えて5年以上町の公的機関等に勤務しようとする者

(5) 社会福祉士及び介護福祉士法(昭和62年法律第30号)に基づく社会福祉士、介護福祉士の養成機関に修学する者で、その課程を終えて5年以上町の公的機関等に勤務しようとする者

(6) 公的機関等に勤務しながら通信教育を受ける者

(7) 前6号に規定する勤務年数については、この修学資金支給年数に応じて町長が定める。

(修学資金の額)

第3条 修学資金の額は、修学期間中医学を専攻する者については、月額200,000円。保健師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師等及び社会福祉士については、月額100,000円、准看護師及び介護福祉士については、月額60,000円とする。

(修学資金の申請)

第4条 修学資金の支給を受けようとする者は、保護者並びに保証人と連署のうえ町長に申請しなければならない。ただし、町の公的医療機関に勤務しながら通信教育を受ける者については、保証人の必要はない。

(保証人)

第5条 保証人は、修学生の身元及びこの条例に規定する債務若しくは義務履行についてその責を負うものとする。

2 保証人が欠けたとき又はその他の事由によりその適格性を失ったときは、新たな保証人を定めて連署のうえ町長に届け出なければならない。

(修学資金の支給決定及び取消し)

第6条 修学資金の支給決定は、町長が行う。

2 修学生が退学その他の事由により修学資金の支給を適当と認められないときは、支給の決定を取消しするものとする。

(修学資金の返還)

第7条 修学生が次の各号の一に該当するに至った場合には、その支給した修学資金の全部又は一部を返還しなければならない。ただし、町長が特別な事由によりその必要なしと認めた場合はこの限りではない。

(1) 前条第2項により支給の決定を取消しされたとき。

(2) 修学生がその課程を修了後町の公的機関等に勤務しないとき。

(3) 修学生がその課程を修了後町の公的機関等に勤務する期間が著しく短かいとき。

(委任)

第8条 この条例施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

1 この条例は、昭和48年4月1日から施行する。

2 この条例施行の際現に修学する者についても適用する。

3 羅臼町看護婦修学資金条例(昭和44年条例第13号)は、廃止する。

附 則(昭和54年3月12日条例第4号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和54年4月1日から適用する。

附 則(平成4年3月19日条例第14号)

この条例は、公布の日から施行し、平成4年4月1日から適用する。

附 則(平成11年6月17日条例第9号)

この条例は、公布の日から施行し、平成11年4月1日から適用する。

附 則(平成14年3月18日条例第13号)

(施行期日)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年12月13日条例第21号)

(施行期日)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月14日条例第2号)

(施行期日)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月16日条例第11号)

(施行期日)

この条例は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年12月16日条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行に際し、現に修学資金の貸付を受けている者の取扱いについては、なお従前の例による。

羅臼町医療技術者等修学資金条例

昭和48年3月18日 条例第8号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
昭和48年3月18日 条例第8号
昭和54年3月12日 条例第4号
平成4年3月19日 条例第14号
平成11年6月17日 条例第9号
平成14年3月18日 条例第13号
平成24年12月13日 条例第21号
平成26年3月14日 条例第2号
平成28年3月16日 条例第11号
令和2年12月16日 条例第23号