○羅臼町未熟児訪問指導実施要領

平成22年4月1日

要領第7号

羅臼町未熟児訪問指導実施要領

1 目的

未熟児は、正常な新生児に比べて生理的に欠陥があり、疾病にもかかりやすく、その死亡率は極めて高率的であるばかりではなく、心身の障害を残すことも多いことから、生後すみやかに適切な処置を講ずることが必要である。

このため、必要に応じて保健師等により未熟児の保護者に対する訪問指導を行うこととする。

2 低体重児届け出の徹底

未熟児の養育対策の万全を期すため、母子保健法(以下「法」という。)第18条の規定による低体重児の早期届出の徹底を図る必要がある。

このため町は、妊娠の届出、母子健康手帳の交付、母親学級等の機会をとらえて、すみやかに届出が行われるよう、妊婦に対する指導を行うほか、医療機関等との連絡調整を密にし、未熟児の早期発見に努める。

3 訪問指導の実際

町は、法第19条による訪問指導の実施にあたって、医療機関等を通じて未熟児の症状等の把握に努めるものとし、指導内容は、当該医療機関の医師などの意見を聞くほか、平成8年11月20日付け児発第934号厚生省児童家庭局長通知「母性、乳幼児に対する健康診査及び保健指導の実施について」の別添「母性、乳幼児の健康診査及び保健指導に関する実施要領」のⅡの第2の3及び第3の3を参考とする。

特に、合併症または、後遺症等の発現について留意の上適切な指導を行う。

4 保健指導従事者

訪問指導は、町の保健師により行う。

5 対象の把握

町は、訪問指導を徹底するため、常に低体重児の届出状況等を把握するとともに、医療機関等との連絡を密にし、その対象の把握に努める。

このため、未熟児の出生内容や退院時の状況等に関して、医療機関から、未熟児出生連絡票(別紙様式1)により報告を求めることとする。

なお、報告を求めるに当たっては、未熟児出生連絡票をあらかじめ医療機関に配布しておくこととする。

未熟児出生連絡票の報告の対象となるものは、次のいずれかに該当するものとする。

① 未熟児養育医療の対象となった児

② 出生体重が2,500グラム未満の低体重児

③ 出生体重児が2,500グラム以上であっても、身体の発育が未熟のまま出生した児

6 訪問指導の徹底

未熟児は、通常養育上の必要性から訪問指導を必要とするため、出生したすべての未熟児を対象に訪問指導を行うことが望ましい。特に、未熟児養育医療の対象となった児を重点対象とする。

7 事後指導の徹底

訪問指導を行ったときは、母子健康手帳及び訪問指導票など関係書類に必要な事項を記入して事後指導の徹底を図る。

また、訪問指導を行った後に、当該未熟児が他の自治体に居住地が変更になった場合は、その居住地に連絡し、継続した事後指導が行われるよう配慮する。

8 保健所への報告

町は、訪問指導を行うときは、当該未熟児の現在地を管轄する保健所に指導した件数を報告する。

9 附則

この要領は、平成22年4月1日より適用する。

附 則(平成23年4月1日要領第5号)

(施行期日)

この要領は、平成23年4月1日から施行する。

画像

羅臼町未熟児訪問指導実施要領

平成22年4月1日 要領第7号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
第7編 生/第2章 保健衛生
沿革情報
平成22年4月1日 要領第7号
平成23年4月1日 要領第5号