○羅臼町合併処理浄化槽設置促進資金貸付要綱

平成3年4月1日

訓令第2号

羅臼町合併処理浄化槽設置促進資金貸付要綱

(目的)

第1条 この要綱は、合併処理浄化槽を設置するための費用、及び既設の便所を水洗式便所に改造するための費用に要する資金を希望する者に貸付けすることにより、水洗化の普及促進を図るとともに、生活環境の整備を促進することを目的とする。

(貸付対象)

第2条 資金の貸付対象は、合併処理浄化槽の設置費用、及び既設住宅の便所を水洗式に改造するための費用とする。

(貸付対象者)

第3条 資金の貸付けを受けることができる者は、羅臼町内に居住する者で、専用住宅及び店舗兼住宅で、2分の1以上の居住面積を有する建物の所有者、又はその所有者の同意を得た使用者で、町税及び国民健康保険税を完納している者とする。

(資金の預託)

第4条 羅臼町は、この制度による運用原資として、予算の範囲内で町長の指定する金融機関に預託するものとする。

(預託金融機関)

第5条 羅臼町がこの要綱により、預託する金融機関は、大地みらい信用金庫羅臼支店及び釧路信用組合羅臼支店とする。

(貸付枠の設定)

第6条 各金融機関は、第4条の預託金を基礎とし、自己資金を加えて常時預託金の3倍額の貸付枠を設定し、融資総額の範囲内で資金の借受け申込みをした者のうち、貸付けすることが適当と認められる者に対し迅速かつ適正に貸付けしなければならない。

(貸付けの限度額)

第7条 貸付金額は、合併処理浄化槽を設置するための資金については、1戸25万円を限度とし、既設住宅の便所を水洗式に改造するための資金は、1戸50万円を限度とする。

2 貸付金に1万円未満の端数を生じたときは、これを切り捨てる。

(貸付金の利息)

第8条 貸付金の利息は、無利子とする。

(貸付金の償還)

第9条 貸付金の償還期限は、資金を貸付けした月の翌月から起算して、元金均等の50か月以内の月賦償還とする。

2 前項に規定する償還金の償還方法は、自動振替とし、償還日は毎月末日とする。なお、償還日が休日等のときは、直近の翌営業日とする。

(延滞金)

第10条 借受人が支払期日までに、償還金を支払わなかったときは、金銭消費契約に定めた遅延利息を借受人より徴収するものとする。

(貸付条件)

第11条 本貸付制度は、原則として無担保とする。ただし、金融機関が担保を必要と認めた場合は、この限りではない。

2 その他の貸付条件は、各金融機関の定めによる。

(借入れの申請)

第12条 この要綱により、資金の貸付けを受けようとする者は、金融機関に町税及び国民健康保険税の納税証明書を添付のうえ、申し込まなければならない。

(相談業務)

第13条 この要綱による融資上の相談業務は、羅臼町及び各金融機関がこれを行う。

(協定事項)

第14条 羅臼町は、第5条の各金融機関との協議によって、協定事項を締結する。

(報告)

第15条 各金融機関は、この要綱による融資について毎月10日までに、前月末日現在の貸付け及び償還状況を羅臼町長に報告しなければならない。

附 則

この要綱は、平成3年4月1日から施行する。

附 則(平成13年3月19日要綱第11号)

(施行期日)

この要綱は、平成13年3月19日から施行する。

附 則(平成20年3月21日要綱第12号)

(施行期日)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

羅臼町合併処理浄化槽設置促進資金貸付要綱

平成3年4月1日 訓令第2号

(平成20年4月1日施行)