○羅臼町安全で住みよいまちづくり条例

平成13年3月21日

条例第7号

羅臼町安全で住みよいまちづくり条例

(目的)

第1条 この条例は、犯罪や青少年の非行及び交通事故から町民の安全(以下「町民の安全」という。)を確保するために必要な基本理念を定めるとともに、町、町民及び事業者の責務を明らかにし、良好な地域社会の形成、その他町民の安全の推進に関する基本となる事項を定め、町民が安心して暮らすことのできる安全で住みよい地域社会の実現に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において「事業者」とは、町内において事業を営む個人、法人、官公署等の事業所の代表者をいう。

(基本理念)

第3条 町、町民及び事業者は、それぞれの役割を果たし、かつ、相互に協力することにより、すべての町民が安心して暮らすことができる安全なまちづくりを推進するよう努めなければならない。

2 町、町民及び事業者は、町民の安全を確保することにより、良好な地域社会の運営の重要性を認識し、豊かな地域活動を育むよう努めなければならない。

3 町、町民及び事業者は、犯罪、青少年の非行及び交通事故に基づく経験と知識を日常生活に反映し、繰り返し犯罪や青少年の非行及び交通事故が起こらないよう努めなければならない。

(町の基本的責務)

第4条 町は、前条に規定する基本理念(以下「基本理念」という。)に基づき、町民の安全意識を高揚させるための啓発活動、生活の安全を確保するための環境整備並びに犯罪及び事故等の被害者支援の実施等、総合的な生活安全対策の実施に努めなければならない。

2 町は、前項の施策を講ずるに当たっては、町民及び事業者並びに関係組織団体等から広く意見を聴取することができる。

3 町は、第1項の施策を講ずるに当たっては、町の区域を管轄する警察署長その他必要な関係機関及び団体と緊密な連携を図るものとする。

(町民の基本的責務)

第5条 町民は、基本理念に基づき、自らの安全確保に必要な措置を講ずるとともに、地域社会における安全活動の推進のため町内会等の活動に積極的に参加するよう努めなければならない。

2 町民は、それぞれの連帯の下に、一体となって安全活動を実施する地域町内会等が形成されるよう努めなければならない。

3 町民は、町が実施する安全施策に協力するものとする。

(事業者の基本的責務)

第6条 事業者は、基本理念に基づき、町民の安全を推進するため、人命の尊重を基本にその事業活動が交通安全及び防犯活動に支障を来すことのないよう、事業所に勤務する役職員に対し、必要な指導及び助言を行うよう努めなければならない。

2 事業者は、役職員が基本理念達成のため地域活動に参加しようとするときは、その機会を与えるよう努めなければならない。

3 事業者は、地域活動に自主的かつ積極的に取り組み、良好な地域社会を育むよう努めなければならない。

(町民の自治組織と事業者の連携)

第7条 町内会その他町民の自治組織及び事業者は、基本理念に基づき、町民の安全を推進するため、互いの連携に努めるものとする。

(町民の自主組織及び団体に対する町の支援)

第8条 町は、町民の安全を推進するため、自主活動を行う町民の自主組織及び団体に対し、必要な支援を行うことができる。

(啓発活動の推進)

第9条 町は、町民及び事業者が自主的に安全で住みよいまちづくりを推進するために必要な町民の安全に関する情報の提供、並びに町民及び事業者に対する啓発活動を推進するために必要な施策を講ずるよう努めなければならない。

(委任)

第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定めることができる。

附 則

この条例は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成20年12月19日条例第38号)

(施行期日)

この条例は、公布の日から施行する。

羅臼町安全で住みよいまちづくり条例

平成13年3月21日 条例第7号

(平成20年12月19日施行)