○羅臼町教育委員会公印規程

平成13年8月21日

教育委員会規程第1号

羅臼町教育委員会公印規程

(目的)

第1条 羅臼町教育委員会における公印の保管及び使用については、この教育長訓令(以下「訓令」という。)の定めるところによる。

(定義)

第2条 この訓令で公印とは、公文書に使用する職印及び庁印をいう。

(規格及び保管責任者)

第3条 公印の名称、形状、寸法及び使用区分並びに保管責任者は別表のとおりとする。

2 前項の保管責任者は、所属職員のうちから公印の取扱者1名を指定しなければならない。

(公印の管守)

第4条 公印の管守は、保管責任者がその任に当たる。

2 保管責任者は、取扱者に事故あるときは代理人を指定しなければならない。

3 保管責任者は、公印を慎重に取扱い、盗難、不正使用等のないよう、常に善良なる注意をもって管守しなければならない。

(公印の登録)

第5条 学務課長は、公印台帳(別記第1号様式)を備え、公印の名称、印影その他必要な事項を登録しなければならない。

2 前項の公印台帳に登録されていない公印は、使用することができない。

3 学務課長は、毎年1回以上公印を公印台帳と照合しなければならない。

(公印の使用)

第6条 公印は、みだりに使用することができない。

2 公印を使用するときは、保管責任者に決済文書を提示し、その承認を受けなければならない。ただし、定例のものはこの限りでない。

3 勤務時間外、勤務を要しない日及び休日に公印を使用するときは、事前に公印特別使用承認願(別記第2号様式)を保管責任者に提出し、その承認を受けなければならない。

(公印の持出し)

第7条 公印は、常に所定の容器に納めて厳重に保管しなければならない。

2 職務のため公印の持出しを要する場合は、公印携行者は公印持出簿(別記第3号様式)に必要事項を記入し、保管責任者の承認を受けなければならない。

3 公印携行者は、職務完了後直ちにその公印を返却しなければならない。

(公印の調製、改刻、廃棄)

第8条 公印の調製、改刻及び廃棄に関する事務は、教育長が総括する。

2 公印が摩滅若しくはき損により使用に耐えなくなったときは、廃棄するものとする。この場合、学務課長が焼却するものとする。

(公印の紛失・き損)

第9条 公印を紛失及びき損したときは、直ちに保管責任者を通じ教育長に届なければならない。

(公印の告示)

第10条 公印を調製、改刻又は廃止したときは、印影を付して告示しなければならない。

附 則

1 この規程は、平成13年8月21日から施行する。

2 この規程施行の際、現に使用中の職印又は庁印で、その寸法、様式及び用途が別表の各当該規程に適合するものは、この規程によるものとし、異なるものは、改刻するまで教育長の承認を得て使用することができるものとする。

附 則(平成18年4月1日教委規程第2号)

(施行期日)

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月20日教委規程第2号)

(施行期日)

1 この規程は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号。以下「改正法」という。)の施行の日(平成27年4月1日)から施行する。

(経過措置)

2 改正法附則第2条第1項の場合においては、改正後の規定は適用せず、改正前の規定は、なおその効力を有する。

別表(第3条関係)

番号

公印の名称

保管責任者

形状

寸法

(ミリメートル)

個数

使用区分

保管課

1

羅臼町教育委員会之印

学務課長

正方形

23

1

教育委員会名をもってする辞令、賞状類及び教育委員会名をもってする公文書用

学務課

1

羅臼町教育委員会教育長之印

学務課長

正方形

20

1

一般公文書用

学務課

2

羅臼町教育委員会教育長之印

公民館長

正方形

20

1

一般公文書用

公民館

3

羅臼町教育委員会教育長之印

体育館長

正方形

20

1

一般公文書用

町民体育館

4

羅臼町教育委員会教育長之印

学校給食センター長

正方形

20

1

一般公文書用

学校給食センター

1

羅臼町教育委員会教育長職務代行者之印

学務課長

正方形

18

1

一般公文書用

学務課

1

羅臼町公民館印

公民館長

正方形

21

1

一般公文書用

公民館

1

羅臼町学校給食センター長之印

学校給食センター長

正方形

18

1

一般公文書用

学校給食センター









画像

画像

画像

羅臼町教育委員会公印規程

平成13年8月21日 教育委員会規程第1号

(平成27年4月1日施行)