○六戸町表彰条例施行規則

昭和五十年八月二十二日

規則第五号

(目的)

第一条 この規則は、六戸町表彰条例(昭和五十年条例第二十三号。以下「条例」という。)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

(会長)

第二条 条例第八条による表彰審議会(以下「審議会」という。)に会長及び副会長各一名を置き、委員の互選によつて定める。

2 会長は会務を総理し、会議の議長となる。

3 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある場合は、その職務を代理する。

(会議)

第三条 審議会は、会長が招集する。

2 審議会は、委員の過半数が出席しなければ会議を開くことができない。

3 審議会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

(被表彰者の内申)

第四条 各課長(これに相当する職にある者を含む。)は、表彰すべき者があると認めるときは、功労者等表彰内申書(様式第一号)にそのものの履歴書(団体の場合は経歴書)を添えて主管課長を経て内申しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、表彰すべき者があると認められるときは、前項の規定する以外のものでも内申することができる。

(名簿)

第五条 条例第十二条による被表彰者の名簿は、様式第二号とする。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

六戸町表彰条例施行規則

昭和50年8月22日 規則第5号

(昭和50年8月22日施行)