○六戸町庁舎管理規則

昭和三十七年十月二十五日

規則第四号

(目的)

第一条 この規則は、行政の効果的かつ能率的な運営を保障するため、庁舎等の管理について別に定めるもののほか、必要な事項を定めることを目的とする。

(用語の意義)

第二条 この規則において「庁舎等」は、役場(附属施設を含む。)、国民健康保険診療所及び保育所を、「構内」とは、庁舎等の敷地内をいう。

(管理責任者)

第三条 管理に関する職務を担当させるため、庁舎管理責任者(以下「管理責任者」という。)を置く。

2 管理責任者は、次の各号に掲げる職にある者をもってあてる。

 役場 総務課長

 六戸町国民健康保険診療所 事務長

 保育所 所長

3 管理責任者は、その職務を行うため、構内に出入する者に対し、必要な事項を指示することができる。

(時間外の出入)

第四条 職員の勤務時間外に構内又は庁舎等に出入する者は、当直員の承認を得るとともに、時間外出入者名簿(様式第一号)に所要事項を記入しなければならない。ただし、町職員が時間外に出入するときは、時間外出入者名簿への記入を省略することができる。

(団体の出入及び使用)

第五条 構内又は庁舎等に入ろうとする団体は、あらかじめ責任者の住所氏名、使用月日、目的、場所、時間及び参集人員等必要な事項を記載した庁舎等使用願(様式第二号)を提出し、管理責任者の許可を得なければならない。

2 管理責任者は、前項の許可をするときは必要な条件を付することができる。

3 町職員がその業務のため庁舎等を使用するときは、別に定める帳簿により管理責任者の承認を得なければならない。

(出入の制限等)

第六条 管理責任者は、次の各号の一に該当するものについては、構内又は庁舎等に入ることを制限し、若しくは禁止し、又は退去を命ずることができる。

 正当な理由がなく爆発性の物、自然発火物、引火性の物、劇毒物、兇器その他の危険又は有害と認められる物(以下「危険物等」という。)を所持するもの

 暴行、脅迫、押売若しくはけん騒にわたる行為をする等秩序を乱し、又は乱すおそれのあるもの

 衛生上明らかに有害と認められるもの及びこの規則又は管理責任者の指示に違反するもの

(禁止行為)

第七条 構内及び庁舎等においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

 危険物等を危険防止の措置を講じないで取り扱い、又は所定の保管場所以外の場所に放置すること。

 爆発又は引火のおそれのある物の近くで喫煙し、又は火気を取り扱うこと。

 庁舎等、庁舎等の附属施設若しくは物件をきずつけ、又は構内の美観を損じ若しくは清潔を汚す行為をすること。

 勤務時間中放歌その他けん騒にわたる行為をすること。

 通行の妨害となる行為をし、又は指定の場所以外に物件を放置すること。

2 管理責任者は、前項各号の一に該当する行為を発見したときは、直ちにこれを停止させ、又は取り除かせるものとする。

(許可を受けるべき行為)

第八条 構内及び庁舎等において、次の各号の一に掲げる行為をしようとする者は、管理責任者の許可を受けなければならない。ただし、管理責任者が必要がないと認めたものは、この限りでない。

 物品の販売その他の商行為をすること。

 物品の搬出をすること。

 印刷物、ポスター、のぼり、旗、立看板等(以下「印刷物等」という。)を配付し、又は掲示すること。

 講演、演劇その他の集会をすること。

 諸施設を設けること。

2 前項の許可を受けようとする者(以下「申請人」という。)は、あらかじめ申請書(様式第三号)を管理責任者に二部提出しなければならない。

3 第一項各号のうち管理責任者が軽微なものと認めたものについては、申請者は前項の規定にかかわらず口頭をもつて許可申請し、管理責任者は口頭で許可をすることができる。

4 管理責任者は、第一項の規定により許可したときは、当該申請人に対し申請書の一部を許可証として交付するものとする。ただし、物品については当該物品に、印刷物等については当該印刷物等に許可証印(様式第四号)を押印することによつてこれに替えることができる。

(この規則の特例)

第九条 六戸町国民健康保険診療所の事務長及び保育所長において、この規則により難い場合又は特に必要と認めた事項については、町長の承認を得て別に定めることができる。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五一年四月二一日規則第四号)

この規則は、昭和五十一年五月一日から施行する。

附 則(昭和五四年三月一九日規則第一号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二八年九月一六日規則第三三号)

この規則は、平成二十八年十月一日から施行する。

画像

画像

画像

画像

六戸町庁舎管理規則

昭和37年10月25日 規則第4号

(平成28年10月1日施行)