○車両集中管理及び使用に関する規程

昭和四十五年八月十一日

規程第四号

(目的)

第一条 この規程は、町長の指定する車両(以下「車両」という。)を集中管理し、使用させることによつて、車両の効率的運用を図ることを目的とする。

(管理)

第二条 車両は、総務課において管理する。

(使用の許可)

第三条 車両を使用しようとする者は、緊急かつ重要な業務(以下「緊急業務等」という。)に使用する場合を除き、その前日までにその所属する長の許可を得て車両使用願により総務課長又は総務課長の指定する者(以下「車両管理者」という。)の許可を受けなければならない。

(使用許可の特例)

第四条 総務課長又は車両管理者は、使用願が競合したときは、それらのいずれかを許可しないことができる。使用の必要がないと思われるときも同様とする。

2 総務課長は、緊急業務等に使用する場合は、既に許可した車両についてもその許可を取り消し、緊急業務に使用させることができる。

(使用後の点検)

第五条 車両を使用したときは、当該車両に異状がないかを確め、車両管理者(次条にあつては、宿日直者)に引きつがなければならない。

(時間外等の使用)

第六条 第三条の許可を受けた場合を除くほか、休日又は勤務を要しない日若しくは勤務時間外に車両を使用しなければならないときは、宿日直者の許可を受けなければならない。

(記録)

第七条 車両を使用した者若しくは運転手は車両使用日誌(別記様式)にその使用につき、記録しなければならない。

(委任)

第八条 この規程に定めるものを除くほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、昭和四十五年十月一日から施行する。

別記様式 略

車両集中管理及び使用に関する規程

昭和45年8月11日 規程第4号

(昭和45年8月11日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
昭和45年8月11日 規程第4号