○六戸町印鑑条例施行規則

昭和五十年九月十六日

規則第七号

(趣旨)

第一条 この規則は、六戸町印鑑条例(昭和五十年条例第十五号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めることを趣旨とする。

(印鑑登録原票の任意登録事項)

第二条 町長は、印鑑登録原票に条例第六条各号に規定する事項のほか印鑑の登録及び証明に関して必要と認める事項を登録することができる。

(印鑑登録原票の改製)

第三条 町長は、必要があると認めるときは、印鑑登録原票を改製することができる。この場合には、修正された記載事項の移記を省くことができる。

2 前項の場合には、印鑑の登録を受けている者に改製の事由を通知し、その登録印鑑及び印鑑登録証の提示を求めて改製するものとする。

(印鑑登録原票の再製)

第四条 町長は、印鑑登録原票が滅失したときは、直ちにこれを再製しなければならない。

2 前条第二項の規定は、前項の場合にこれを準用する。

(押印に使用する印肉)

第五条 印鑑の登録及び証明に関して印鑑を押印するときは、朱肉又は黒肉を使用しなければならない。

(災害時等の場合における印鑑証明)

第六条 条例第十三条第三項の規定により、同条第二項の規定によることができない場合には、証明申請の際に提出された印鑑を印鑑登録原票に登録されている印影と照合し、同一であることを確認のうえ登録されている印影に相違ないことを証明するものとする。

(印鑑登録原票をまっ消する場合の手続)

第七条 町長は、条例第十六条の規定により、印鑑登録原票をまっ消する場合には、その事由及びその事由の生じた年月日を当該印鑑登録原票に記載し、除票とする。

(申請書等の様式)

第八条 次の各号に掲げる申請書等の様式は、当該各号に定めるところによる。

 印鑑登録申請書 (様式第一号)

 照会及び回答書 (様式第二号)

 印鑑登録原票 (様式第三号)

 印鑑登録証 (様式第四号)

 印鑑登録証亡失届書 (様式第五号)

印鑑登録廃止申請

 印鑑登録まっ消通知書 (様式第六号)

 印鑑登録証明書交付申請書 (様式第七号)

 印鑑登録証明書 (様式第八号)

 代理人選任届 (様式第九号)

(文書の保存年限)

第九条 印鑑に関する文書の保存年限は、当該年度の翌年から起算して次のとおりとする。

 除印鑑登録原票 五年

 その他印鑑に関する書類 二年

附 則

この規則は、昭和五十年十月一日から施行し、六戸町印鑑条例施行規則(昭和四十三年規則第二号)は、廃止する。

附 則(昭和六三年一二月一六日規則第九号)

この規則は、昭和六十四年一月一日から施行する。

附 則(平成九年一二月一二日規則第三〇号)

この規則は、公布の日から施行し、平成十年二月一日から適用する。

様式 略

六戸町印鑑条例施行規則

昭和50年9月16日 規則第7号

(平成9年12月12日施行)