○六戸町公の施設使用料条例

昭和二十四年三月三十一日

条例第七号

第一条 本町は、法令の定むるのほか、本条例に定めるところにより公の施設使用料を徴収する。

第二条 公の施設を使用しようとする者は、次により使用許可願を提出し、許可を受けなければならない。

 体育施設にあっては教育委員会

 学校にあっては、所轄校長を経て教育委員会

 その他にあっては直接町長

第三条 前条により許可せられた者は、次の区分により許可と同時に使用料を本町に納付しなければならない。

第一表

区分

使用料(一回)

冬期暖房料

役場

一階会議室

別館

二、六〇〇

二、六〇〇

一、六〇〇

一、六〇〇

二階大会議室

A室

一、三〇〇

一、三〇〇

八〇〇

八〇〇

B室

一、三〇〇

一、三〇〇

八〇〇

八〇〇

二階会議室

一、三〇〇

一、三〇〇

八〇〇

八〇〇

学校

講堂・体育館

二、二〇〇

二、二〇〇

一、五〇〇

一、五〇〇

教室

一、三〇〇

一、三〇〇

八〇〇

八〇〇

第二表

区分

使用施設

観覧料が有料の場合

観覧料が無料の場合

半日

一日

目的外

半日

一日

目的外

学生

一般

職業

学生

一般

職業

学生

一般

職業

学生

一般

職業

野球場

一〇人分

二〇人分

五〇人分

二〇人分

四〇人分

一〇〇人分

一〇〇人分

一、五〇〇円

三、〇〇〇円

八、〇〇〇円

三、〇〇〇円

六、〇〇〇円

一六、〇〇〇円

一六、〇〇〇円

備考

一 半日は、正午をもって区分し、半日に満たないときは、半日とし、半日を越え一日に満たないときは一日とみなす。

二 観覧料が有料の場合の使用料の額が観覧料無料の額より少額のときは、観覧料無料の額を適用する。

三 目的外使用についての使用料は、一日分の額を示しており、半日の場合は半額とする。

四 観覧料が有料の場合における使用料何人分とあるのは、入場料最高額に乗ずる数である。

第四条 前条第一表による昼とは午前八時から午後五時まで、夜とは午後五時から午後十時までとし、一回の使用時間は四時間以内とする。

2 前条第一表の冬期とは、十一月一日から翌年三月三十一日までとする。

第五条 使用中に硝子その他を破損、損傷したときは、使用者から損害実費弁償せしむるものとする。

第六条 官公署、公益団体等の使用にして町長において使用料免除を適当と認めたときは、使用料を徴収しない。

附 則

この条例は、昭和二十四年度から施行し、六戸村学校使用料条例は、この条例施行の日から之を廃止する。

附 則(昭和三四年一月二四日条例第一号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和四八年六月一九日条例第一四号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和四十八年七月一日から適用する。

附 則(昭和四九年一二月一六日条例第二一号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五〇年六月二四日条例第一九号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和五十年四月一日から適用する。

附 則(昭和五〇年八月一九日条例第二二号)

この条例は、公布の日から施行し、昭和五十年七月一日から適用する。

附 則(昭和五三年一二月二一日条例第二五号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和五九年九月二九日条例第二八号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年三月二〇日条例第一一号)

この条例は、平成元年四月一日から施行する。

附 則(平成五年三月一六日条例第七号)

この条例は、平成五年四月一日から施行する。

附 則(平成九年三月一八日条例第一二号)

この条例は、平成九年四月一日から施行する。

附 則(平成一一年三月一二日条例第五号)

この条例は、平成十一年四月一日から施行する。

六戸町公の施設使用料条例

昭和24年3月31日 条例第7号

(平成11年3月12日施行)

体系情報
第6編 務/第2章 税・税外収入
沿革情報
昭和24年3月31日 条例第7号
昭和34年1月24日 条例第1号
昭和48年6月19日 条例第14号
昭和49年12月16日 条例第21号
昭和50年6月24日 条例第19号
昭和50年8月19日 条例第22号
昭和53年12月21日 条例第25号
昭和59年9月29日 条例第28号
平成元年3月20日 条例第11号
平成5年3月16日 条例第7号
平成9年3月18日 条例第12号
平成11年3月12日 条例第5号