○六戸町老人福祉センターの設置及び管理に関する条例

昭和六十一年三月十七日

条例第八号

(目的)

第一条 この条例は、老人福祉法(昭和三十八年法律第百三十三号)第十五条第四項の規定に基づき、六戸町老人福祉センター(以下「福祉センター」という。)の設置及び管理について、必要な事項を定めることを目的とする。

(設置及び管理)

第二条 六戸町は、福祉センターを設置する。

2 福祉センターは、町長がこれを管理する。

(名称及び位置)

第三条 福祉センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

六戸町老人福祉センター

位置

六戸町大字犬落瀬字柴山三の九

(業務)

第四条 福祉センターは、老人福祉に関する次の業務を行う。

 生活健康相談

 健康増進に関する指導

 生業及び就労の指導

 機能回復訓練の実施及び運動指導

 教養講座及びレクリエーションの実施

 老人クラブの育成援助

(使用の許可)

第五条 福祉センターを使用する者は、町長の許可を受けなければならない。

(使用の制限)

第六条 町長は、福祉センターの使用について、次の各号の一に該当するときは、これを許可しない。

 公安、風俗、その他公益を乱すおそれがあると認めたとき。

 もっぱら営利を目的に使用すると認めたとき。

 福祉センターの管理運営上支障があると認めたとき。

 その他町長が不適当と認めたとき。

(使用許可の取消等)

第七条 町長は、次の各号の一に該当するときは、使用許可を取り消し又は、使用を停止することができる。

 使用目的以外に使用したとき。

 使用の許可後、前条各号の一に該当することが判明したとき。

 この条例及び規則に違反したとき。

(使用料)

第八条 福祉センターの使用料は、別表のとおりとする。

2 町内に居住する六十歳以上の人に対する使用料は、無料とする。

(使用料の減免)

第九条 町長は、福祉センターの使用について、特に必要と認めた場合は、使用料を減免することができる。

(使用料の還付)

第十条 既納の使用料は、これを還付しない。ただし、町長が特別の理由があると認めたときは、その一部又は全部を還付することができる。

(管理の委託)

第十一条 福祉センターは、六戸町社会福祉協議会に管理を委託することができる。

(委任)

第十二条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和六十一年四月一日から施行する。

附 則(平成元年三月二〇日条例第一六号)

この条例は、平成元年四月一日から施行する。

別表(第8条関係)

六戸町老人福祉センター使用料

集会室等使用料(団体)

半日

全日

備考

1,100

2,200

1 左記金額は、1団体単位とする。

2 半日は3時間以内、全日は3時間を越えた場合。

3 集会室等とは集会室及び休養娯楽室をいう。

4 暖房使用の場合は半日1,100円、全日2,200円を加算する。

個人使用料

大人

(60歳未満)

210

町長が指定した部屋を使用すること。

六戸町老人福祉センターの設置及び管理に関する条例

昭和61年3月17日 条例第8号

(平成元年3月20日施行)