○六戸地区農村総合整備事業分担金徴収条例

平成十一年十二月二十一日

条例第十五号

(目的)

第一条 六戸地区農村総合整備計画推進実施計画に基づき、実施されるコミュニティ施設整備事業により、特に利益を受ける地区から事業費の一部を分担金として徴収する場合は、この条例の定めるところによる。

(分担金の賦課及び徴収)

第二条 町長は利益を受ける地区に対し、事業費の十分の三以内で町長の定める率を賦課するものとする。

2 町長は、第一項の規定により分担金の額を定めたときは、遅滞なく当該分担金の額及び納付期日等を納入通知書により利益を受ける地区に通知しなければならない。

(委任)

第三条 この条例に定めるもののほか必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

六戸地区農村総合整備事業分担金徴収条例

平成11年12月21日 条例第15号

(平成11年12月21日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
平成11年12月21日 条例第15号