○六戸町農業集落排水処理施設条例施行規則

平成五年十二月十七日

規則第二十七号

(趣旨)

第一条 この規則は、六戸町農業集落排水処理施設条例(平成五年六戸町条例第二十五号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(排水設備の接続方法)

第二条 条例第四条第一項に規定する規則で定めるものは、次のとおりとする。

 汚水を排除するための排水設備は、汚水ますのインバート上流端の接続孔と管底高に食い違いを生じないよう、かつ、ますの内壁に突き出さないように差し入れ、その周囲をモルタルで埋め内外面の上塗り仕上げをすること。

 前号の基準によりがたい特別の理由があるときは、町長の指示を受けなければならない。

(排水設備の構造基準)

第三条 条例第四条に規定する排水設備の構造基準は、法令に定めがあるもののほか、次の各号によらなければならない。

 汚水を、排除すべき排水管渠は、暗渠とすること。

 管渠の起点、終点、屈曲点、合流点若しくは内径、種類を異にする接続箇所又は勾配の変化する箇所並びに直線部において、内径百二十倍以内の間隔毎に接続ますを設けること。

 水洗便所、台所、洗たく場等の汚水流出箇所には防臭装置を設けること。

 防臭装置の封水が、サイフォン作用、又は逆圧によって破れるおそれがあると認められるときは、通気管を設けること

 台所、浴室、洗たく場等の汚水流出口には、ごみその他固形物の流下を防止するために有効なストレーナ若しくは目幅八ミリメートル以下の格子又は金網等を設けること。

 油脂類を多量に排除する者は、除油装置を設けること。

 土砂及びこれに類するものを多量に排除する者は、沈砂装置を設けること。

 地下室、その他下水の自然流下が充分でない場所における排除は、下水が逆流しない構造のポンプ施設を設けること。

 排水管の土かぶりは、私道路内では四十五センチメートル以上、宅地内では三十センチメートル以上を標準とすること。

 排水設備の器具に接続する接続管の内径は次の表のとおりとすること。ただし、既建築物については、この限りでない。

排水管の種類

内径

小便器、手洗器又は洗面器の接続管

五十ミリメートル以上

浴槽(家庭用)又は台所の接続管

七十五ミリメートル以上

大便器の接続管

百ミリメートル以上

十一 汚水ますの内のりは、次の表のとおりとする。

排水管の種類

内径

A種

排水管の内径が百五十ミリメートル以下で管底と地表面との差が七百ミリメートル未満のとき

三百ミリメートル以上

B種

排水管の内径が百五十ミリメートル以下で管底と地表面との差が七百ミリメートル以上千ミリメートル未満のとき

四百ミリメートル以上

C種

排水管の内径が百五十ミリメートル以下で管底と地表面との差が千ミリメートル以上のとき又は排水管の内径が百五十ミリメートルを超えるとき

五百ミリメートル以上

(排水設備の計画の確認申請等)

第四条 条例第七条第一項の規定により排水設備の新設等の計画の確認を受けようとする者は、排水設備計画確認申請書(様式第一号)に町が別に定める排水設備設計・実施要領により、次の各号に掲げる図書を添付して工事着手日の五日前までに、町長に提出しなければならない。この場合、土地家屋の状況により共同して施設するときは、代表者を定めその代表者が申請しなければならない。

 申請地附近の見取り図

 次に掲げる事項を記載した平面図(縮尺二百分の一)

 道路、境界及び施設の位置

 建築物内の台所、浴室、洗たく場その他汚水及び雨水を排除する施設の位置

 管渠の位置、形状、延長及び勾配

 汚水ます、マンホール、除害施設又はポンプ施設の位置

 他人の排水設備を使用するときは、当該排水設備の位置

 その他汚水の排除の状況を明らかにするために必要な事項

 管渠の大きさ、勾配及び高さ並びに固着させる施設の高さを表示した縦断面図(縮尺距離百分の一、高さ五十分の一)

 管渠の内径、延長及び勾配並びに汚水を排除する施設の位置等も表示した配管立図

 除害施設を設けようとするときは、その構造及び能力を明らかにした図面(縮尺五十分の一)並びに排出汚水の水量、水質及び処理方法を明らかにした書類

 ポンプ施設を設けようとするときは、その構造、能力、形状及び寸法その他必要な事項を表示した図面(縮尺五十分の一)

 排水設備工事設計書

 他人の土地又は排水設備を使用するときは、その同意書

2 町長は、前項の申請を受けたときは、当該計画が排水設備の設置及び構造に関する法令の規定に適合するものであるかどうかを確認し、排水設備計画確認通知書(様式第二号)により当該申請者に通知する。

(排水設備指定工事店の指定)

第五条 条例第八条第一項の規定による排水設備指定工事店の指定については、六戸町下水道排水設備指定工事店規則(平成十一年六戸町規則第二号)の規定により指定されている排水設備指定工事店とする。ただし、これによりがたいときは、町長が別に定める方法により指定する。

(排水設備工事完了の届出)

第六条 条例第九条第一項の規定による排水設備の工事完了の届出は、排水設備工事完了届(様式第三号)に完工図その他必要な図書及び施行経過を明らかにする写真を添付して行うものとする。

(検査済証及び標識)

第七条 条例第九条第三項に規定する検査済証は様式第四号によるものとし、検査標識は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該様式によるものとする。

 水洗便所からの汚水を含む汚水を排除するもの(様式第四号の一)

 し尿を除く汚水を排除するもの(様式第四号の二)

2 前項の標識は、門戸、その他見やすい箇所に掲示しなければならない。

(使用開始等の届出)

第八条 条例第十一条の規定による施設の使用開始等の届出は農業集落排水使用開始等届(様式第五号)によるものとする。

(使用者変更の届出)

第九条 条例第十一条第二号の規定による使用者の名義変更の届出は、農業集落排水使用者変更届(様式第六号)によるものとする。

(有害排水等)

第十条 条例第十三条に規定する生活環境に有害となる排水又は施設に損傷を与える物質は次の各号に掲げるものをいう。

 水質汚濁防止法(昭和四十五年法律第百三十八号)第三条第一項に規定するカドミウム及びその化合物等人体に有害な物質

 油脂類

 農薬

 医薬品

 家畜のふん尿

(使用料等の減免申請)

第十一条 条例第二十一条の規定により、使用料又は手数料の減免を受けようとする者は、農業集落排水施設使用料(手数料)減免申請書(様式第七号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の申請により、使用料又は手数料の減免について、農業集落排水施設使用料(手数料)決定通知書(様式第八号)により当該申請者に通知する。

(排水設備等の変更に要する費用)

第十二条 排水設備、又は公共ますの移転、その他の理由によって、排水設備、又は公共ますに変更を加える工事をするときは、この費用はその工事を必要とする者の負担とする。

(その他)

第十三条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一一年一月二〇日規則第四号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成二九年六月五日規則第一〇号)

この規則は、公布の日より施行し、平成二十九年四月一日から適用する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

六戸町農業集落排水処理施設条例施行規則

平成5年12月17日 規則第27号

(平成29年6月5日施行)