○六戸町農業共済事業の水稲掛金及び賦課金納付を取扱う納税貯蓄組合に対する報償金交付規則

昭和四十一年十二月二十日

規則第四号

(趣旨)

第一条 六戸町農業共済事業の掛金及び賦課金の納期内納付をはかり、もって農業共済事業の推進を期するため、納税貯蓄組合法(昭和二十六年法律第百四十五号)第二条第一項の規定による納税貯蓄組合(以下「組合」という。)に対しこの規則の定めるところにより報償金を交付する。

(報償金の交付)

第二条 報償金は、組合に対し毎年度予算の範囲内において交付する。

(報償金の交付額)

第三条 報償金の交付額は、組合を通じてした預金又は貯金をもって納期内に納付した農業共済事業の掛金及び賦課金に応じ次の基準によるものとする。

 納期内に納付した農業共済事業の掛金及び賦課金の合計額の百分の三に相当する金額

(報償金交付申請書の提出)

第四条 組合は、報償金の交付を受けようとするときは、報償金交付申請書(別記様式)を毎年一月末日までに町長に提出しなければならない。

(報償金の還付)

第五条 報償金の交付を受けた組合は、報償金交付申請書に虚偽の記載をなし、又はその他不正な方法によって報償金の交付を受けたときは、町長は組合に対し報償金の全部又は一部の還付を命ずることができる。

(書類の検査)

第六条 町長は、必要と認めたときは、職員をして報償金を申請した組合に対し関係書類及び帳簿等の検査をすることができる。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和四十一年分の農業共済事業の掛金及び賦課金から適用する。

画像

六戸町農業共済事業の水稲掛金及び賦課金納付を取扱う納税貯蓄組合に対する報償金交付規則

昭和41年12月20日 規則第4号

(昭和41年12月20日施行)