○六戸町農業集落排水事業分担金徴収条例

平成九年三月十八日

条例第三号

(目的)

第一条 この条例は、町が行う農業集落排水事業(以下「事業」という。)の施行に関し、その必要な経費に充てるため、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百二十四条の規定に基づき、当該事業により特に利益を受ける者(以下「受益者」という。)から徴収する分担金について、必要な事項を定めることを目的とする。

(分担金の徴収)

第二条 分担金は、平成九年四月以降に供用開始する地域の受益者から徴収する。

(分担金の額)

第三条 前条の規定により徴収する分担金の額は、一世帯当り三万円とする。

2 公共施設等は、一公共施設等を一世帯とする。

(分担金の徴収方法)

第四条 第二条の規定により徴収する分担金は、事業による施設が供用可能となった年度内に一時に徴収する。ただし、当該分担金を納付すべき者の申出がある場合は、当該年度内において、分割して徴収することができる。

(分担金の減免又は徴収猶予)

第五条 町長は、天災その他特別の事情があると認めるときは、分担金を減免し、又はその徴収を猶予することができる。

(委任)

第六条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成九年四月一日から施行する。

六戸町農業集落排水事業分担金徴収条例

平成9年3月18日 条例第3号

(平成9年3月18日施行)