○会計管理者の補助組織設置規則

平成十九年三月十三日

規則第一号

(課、係の設置)

第一条 会計管理者の権限に属する事務を処理させるため、会計課を置く。

2 会計課に会計課長を置き、会計管理者がその任に当たる。

3 会計課に次の係を置く。

 出納係

 庶務係

(係の分掌事務)

第二条 前条の係の分掌事務は、次のとおりとする。

 出納係

 有価証券、現金、物品及び基金(運用基金を除く。)等の出納保管に関すること。

 小切手の振出しに関すること。

 収支の分類集計に関すること。

 月例報告に関すること。

 決算調整に関すること。

 指定金融機関に関すること。

 庶務係

 会計制度の企画調整改善に関すること。

 支出負担行為の確認に関すること。

 収支計画並びに収支命令に関すること。

 財政資金の調達に関すること。

 運用基金に係る事務に関すること。

 収支の証拠書類の整理保管に関すること。

 財産(物品を含む。)の記録管理に関すること。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成十九年四月一日から施行する。

(収入役の事務を兼掌する助役の補助組織設置規則の廃止)

2 収入役の事務を兼掌する助役の補助組織設置規則(平成十八年規則第十号)は廃止する。

附 則(平成二三年一〇月一七日規則第八号)

この規則は、公布の日から施行する。

会計管理者の補助組織設置規則

平成19年3月13日 規則第1号

(平成23年10月17日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成19年3月13日 規則第1号
平成23年10月17日 規則第8号