○六戸町障害児保育事業実施要綱

平成十九年三月二十三日

告示第二十四号

(目的)

第一条 この要綱は、保育に欠け、かつ心身に障害を有する児童で保育所で行う保育になじむ者(以下「障害児」という。)を保育所に受け入れ集団保育の中で障害児に対する適切な指導を実施することによって、健常児とともに健全な社会性の成長を促すことを目的とする。

(対象児童)

第二条 対象となる児童は集団保育が可能であると判断される満三歳以上の者で、次の各号のいずれかに該当する児童とする。

 特別児童扶養手当等の支給に関する法律(昭和三十九年法律第一三四号)に基づく特別児童扶養手当の支給対象児(所得要件により当該手当の支給を停止されている場合を含む。)である児童

 身体障害者福祉法(昭和二十四年法律第二八三号)第十五条に規定する身体障害者手帳の交付を受けている児童

 療育手帳制度について(昭和四十八年厚生省発第一五六号通知)に基づき、療育手帳の交付を受けている児童

 その他町長が特に必要と認める児童

(対象保育)

第三条 障害児保育事業は、法人認可保育所において実施する。

(保育の条件)

第四条 この事業を実施する保育所は、障害児等おおむね三人につき保育士一人以上を配置し、必要に応じ施設、設備等の整備を図るものとする。

2 一保育所で受け入れることのできる障害者数は、原則として定員六十人以下の保育所にあっては三人を限度とする。

(連携)

第五条 障害児の発達を促進するため、保育所と保護者は、常に連絡を密にしなければならない。

2 保育所は、必要と思われる関係機関から指導・助言を求め円滑に運営するものとする。

附 則

この要綱は、平成十九年四月一日から施行する。

六戸町障害児保育事業実施要綱

平成19年3月23日 告示第24号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成19年3月23日 告示第24号