○六戸町サービス調整会議設置運営要綱

平成十五年四月一日

告示第八十九号

(設置)

第一条 六戸町保健・医療・福祉包括ケアシステム推進会議設置運営要綱第三条第二項の規定により、「六戸町サービス調整会議」(以下「サービス調整会議」という。)を設置する。

(目的)

第二条 サービス調整会議は、保健・医療・福祉の各分野のニーズを併せ持つ要援護老人等の具体的な個別ケースについて、最も適切な処遇を検討・選択し、提供を図っていくための実践的な活動を行うことを目的とする。

(事業内容)

第三条 サービス調整会議は、次に掲げる事業を行う。

 保健師、在宅介護支援センター職員、福祉施設職員、ホームヘルパー等の訪問、相談活動を通じ、地域高齢者等のニーズ把握、各種サービスの充足状況及び問題点の把握を行う。

 高齢者及び障害者等に対する福祉サービス等の検討・調整に関すること。

 生活支援ハウスの入所判定に関すること。

 複合したニーズを有する処遇困難ケース等についての具体的な処遇方策の策定及び関係サービス機関へのサービス提供の要請等を行う。

(組織)

第四条 サービス調整会議は、次の委員をもって組織する。

 上北地域県民局保健部門職員

 上北地域県民局福祉部門職員

 医師

 看護師

 保健師

 老人福祉施設等職員

 社会福祉協議会職員

 町保健・福祉・医療担当課職員

 その他サービス調整推進のために必要と認められる者

(委員の責務)

第五条 委員は、職務上知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

(委員の任期)

第六条 委員の任期は二年とする。ただし、再任を妨げない。

2 委員の委嘱の資格に変更を生じたときは、委員の職を失う。

3 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長)

第七条 サービス調整会議に会長を置く。

 会長は、福祉課長補佐があたる。

 会長は、サービス調整会議を統括し、代表する。

 会長に事故あるときは、あらかじめその指名する者がその職務を代理する。

(会議)

第八条 会議は、原則として毎月一回開催することとし、福祉課長が招集する。ただし必要と認められる場合は随時開催することができる。

なお、会議は、必要な委員のみを招集し、開催できるものとする。

(庶務)

第九条 サービス調整会議の庶務は、福祉課において処理する。

(その他)

第十条 この要綱に定めるもののほか、サービス調整会議の運営に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成十五年四月一日から施行する。

附 則(平成一九年四月二五日告示第一一号)

この要綱は、平成二十一年四月一日から施行する。

附 則(平成二五年三月一二日告示第一八号)

この要綱は、平成二十五年四月一日から施行する。

六戸町サービス調整会議設置運営要綱

平成15年4月1日 告示第89号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成15年4月1日 告示第89号
平成19年4月25日 告示第11号
平成25年3月12日 告示第18号