○六戸町国民健康保険条例施行規則

平成二十六年十一月二十五日

規則第十四号

(趣旨)

第一条 六戸町国民健康保険条例(昭和三十四年六戸町条例第八号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項は、別に定めがあるもののほか、この規則の定めるところによる。

(被保険者証の更新等)

第二条 国民健康保険法施行規則(昭和三十三年厚生省令第五十三号。以下「省令」という。)第七条の二第一項に規定する被保険者証の更新は、原則として一年ごとに行う。

2 被保険者証の更新時期は、八月一日とする。

3 前二項の規定は、被保険者資格証明書について準用する。

(出産育児一時金の支給)

第三条 条例第五条の規定により出産育児一時金の支給を受けようとする者は、出産育児一時金支給申請書に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

 医療機関等から交付される直接支払制度に関する合意文書の写し

 医療機関等から交付される出産費用の領収・明細書の写し

2 前項の規定にかかわらず、「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」実施要綱及び「出産育児一時金等の受取代理制度」実施要綱(平成二十三年一月三十一日保発〇一三一第四号厚生労働省保険局長通知)に基づく直接支払制度又は受取代理制度を利用する場合においては、申請書の提出を要しない。ただし、医療機関等からの請求額が出産育児一時金として支給すべき額未満である場合において、差額分の支給を受けようとするときは、この限りでない。

(出産育児一時金の加算額)

第四条 前条の申請に係る出産が健康保険法施行令(大正十五年勅令第二百四十三号)第三十六条ただし書に規定する出産であると認められるときは、出産育児一時金に一万六千円を加算する。

(葬祭費の支給)

第五条 条例第六条の規定により葬祭費の支給を受けようとする者は、葬祭費支給申請書に葬祭を行ったことの確認できる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(第三者の行為による被害の届出)

第六条 省令第三十二条の六の規定による被保険者の療養の給付に係る疾病又は負傷が第三者の行為によるものであるときは、速やかにその旨を第三者行為による被害届にその事実を明らかにする書類を添えて、町長に提出しなければならない。

附 則

この規則は、平成二十七年一月一日から施行する。

附 則(平成三〇年四月六日規則第一〇号)

この規則は、公布の日から施行する。

六戸町国民健康保険条例施行規則

平成26年11月25日 規則第14号

(平成30年4月6日施行)