○六戸町立児童館の管理運営に関する規則

平成二十八年三月三十日

規則第二十三号

(趣旨)

第一条 この規則は、六戸町立児童館設置条例(平成十四年六戸町条例第七号。以下「条例」という。)第八条の規定に基づき、児童館の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第二条 児童館に次の職員を置く。

 館長 一人

 児童厚生員 二人

2 前項に定めるもののほか、必要に応じてその他の職員を置くものとする。

3 館長は、児童福祉事業に二年以上従事した又はこれと同程度以上の能力を有すると認められる福祉課の職員をもって充て、児童厚生員は保育士若しくは幼稚園、小学校、中学校若しくは高等学校の教諭の資格を有する者又はこれらと同程度の経験及び知識を有する者のうちから、町長が任命する。

(職務)

第三条 前条に規定する職員の職務は、次のとおりとする。

 館長は、関係法令等の定めに基づき、管理運営の責任者として児童館の管理及び運営に当たること。

 児童厚生員は、児童の健全な育成に関する業務及び母親クラブ等地域組織への情報提供等に関する業務を行うこと。

(利用時間)

第四条 児童館の利用時間は、次条に規定する休館日を除き、次の各号のとおりとする。ただし、館長が必要と認めたときは、これを変更することができる。

 月曜日から金曜日 午前九時から午後六時

 教育委員会規則で定める学校の休業日で月曜日から金曜日 午前八時から午後六時

 土曜日 午前八時から午後六時

(休館日)

第五条 児童館の休館日は、次のとおりとする。ただし、館長が必要と認めたときは、これを変更し、又は臨時に休館することができる。

 国民の祝日に関する法律(昭和二十三年法律第百七十八号)に規定する休日

 十二月二十九日から一月三日まで

 日曜日

(利用者の範囲)

第六条 児童館を利用できる者は、次のとおりとする。

 幼児及び学童

 勤労少年、母親クラブ及び老人クラブの加入者

 その他館長が特に認めた者

(利用の許可)

第七条 前条第二号及び第三号に規定する者が児童館を利用するときは、児童館利用許可申請書(様式第一号)により町長の許可を受けなければならない。

(利用児童の把握)

第八条 児童館を利用する児童については、その児童の住所、氏名、年齢、世帯員の状況、緊急時の連絡先等を登録するものとする。

(保護者との連絡)

第九条 利用児童の保護者に、来館時等に日常の生活態度等に関する指導を行い、保護者との連携を密にとるものとする。

(安全管理)

第十条 館長及びその他職員は、児童館に来館する児童に対する十分な安全管理のため、次の点に留意し、その指導等にあたらなければならない。

 児童の来館中の安全管理

 施設、設備の安全管理

 備品、遊具の安全管理

 児童の遊びの内容によって起こされる事故に関する安全管理

 非常災害時の安全管理

(事故防止)

第十一条 館長は事故防止に関する具体的な計画を立て、次に掲げるところにより事故防止の徹底を期さなければならない。

 遊具の破損個所については、速やかにその改修又は使用を一時停止する等の処置を講ずる。

 その他、児童の事故防止にかかわること。

(運営協議会)

第十二条 児童館の管理運営を円滑に行うため、六戸町児童館運営協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

2 協議会の委員は、社会福祉関係者、地域団体関係者、学識経験者等から十名以内をもって組織し、町長が委嘱する。

3 委員の任期は、二年とし、その欠員が生じた場合の補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。ただし、再任を妨げない。

(会長及び副会長)

第十三条 協議会に会長及び副会長を置く。

2 会長及び副会長は、委員が互選する。

3 会長は、協議会の会務を総理する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(協議会の招集)

第十四条 協議会は、会長が招集し、会議の議長は、会長が務める。

2 協議会は、委員の半数以上の出席をもって成立する。

(庶務)

第十五条 協議会の庶務は、福祉担当課において行う。

(その他)

第十六条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、平成二十八年四月一日から施行する。

附 則(平成三一年三月二六日規則第一六号)

この規則は、平成三十一年四月一日から施行する。

様式 略

六戸町立児童館の管理運営に関する規則

平成28年3月30日 規則第23号

(平成31年4月1日施行)