○六戸町国民健康保険診療所職員の病気休暇に関する規程

平成二十八年七月二十六日

訓令甲第三号

(趣旨)

第一条 この規程は、六戸町職員の勤務時間、休暇等に関する規則(平成七年規則第三号)第十四条の規定に基づき六戸町国民健康保険診療所職員の病気休暇について必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第二条 この規程において「職員」とは、六戸町職員定数条例(昭和二十四年条例第二百十一号)第一条に定める職員をいう。

2 嘱託職員については、この規程に準ずるものとする。

(休養手続)

第三条 病気休暇の承認を受けようとする職員は、医師の証明書その他勤務しない事由を十分に明らかにする証明書類(以下「医師の証明書等」という。)を提出しなければならない。

(病気休暇)

第四条 病気休暇は、職員が負傷又は疾病(公務によらない負傷又は疾病も含む。)のため療養する必要があり、その勤務しないことがやむを得ないと認められる場合における休暇とする。

2 前項に規定する疾病には、予防注射又は予防接種による著しい発熱等の場合を含むものとする。

3 病気休暇の期間は、医師の証明書等に基づく必要最小限度の時間又は日数とする。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、公布の日から施行し、平成二十八年四月一日から適用する。

附 則(平成二八年九月一六日訓令甲第四号)

この規程は、平成二十八年十月一日から施行する。

六戸町国民健康保険診療所職員の病気休暇に関する規程

平成28年7月26日 訓令甲第3号

(平成28年10月1日施行)

体系情報
第8編 生/第2章 険/第1節 国民健康保険
沿革情報
平成28年7月26日 訓令甲第3号
平成28年9月16日 訓令甲第4号