○六戸町産地活性化総合対策事業分担金徴収条例

平成二十九年三月十四日

条例第十二号

(趣旨)

第一条 この条例は、地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百二十二条の規定に基づき、六戸町産地活性化総合対策事業について徴収する分担金(以下「分担金」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第二条 この条例において「六戸町産地活性化総合対策事業」とは、町が行う産地活性化総合対策事業実施要綱(平成二十三年四月一日付け二二生産第一○八八八号農林水産事務次官依命通知。以下「要綱」という。)に基づいて実施する事業をいう。

(分担金の徴収)

第三条 分担金は、当該事業の実施によって特に利益を受ける者(以下「受益者」という。)から分担金を徴収する。

(分担金の賦課基準の決定)

第四条 分担金は、当該事業に要する経費のうち国又は県から交付を受けた補助金を除いた額を超えない範囲において町長が定める。

(分担金の徴収方法)

第五条 前条の規定により徴収する分担金は、町長が別に定める期日までに納付しなければならない。

(賦課に対する審査請求)

第六条 受益者で、その賦課算定に異議があるときは、当該処分があったことを知った日の翌日から起算して三月以内に町長に対し審査請求をすることができる。

(委任)

第七条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

六戸町産地活性化総合対策事業分担金徴収条例

平成29年3月14日 条例第12号

(平成29年3月14日施行)