○龍ケ崎市職員永年勤続者表彰規程

昭和63年3月18日

訓令第2号

(目的)

第1条 この訓令は,龍ケ崎市職員(特別職にある職員を除く。)で,永年の誠実な勤務に対し,その功績を表彰し,もって職員の勤労意欲を高揚し,業務能率の向上を図るとともに,全体の奉仕者としての責務を自覚させることを目的とする。

(表彰者)

第2条 表彰者は,次の各号に掲げる者とする。

(1) 勤続20年のもの

(2) 前号に規定する期間前に,疾病又は公務のための負傷により退職し,又は死亡した場合において,市長が適当と認めたもの

2 前項第1号に規定する勤続期間について一時退職し,再任用されたときは,前後の勤務期間は通算する。

(表彰の期日)

第3条 表彰は,年度内に前条第1項各号に該当した者を対象として,毎年3月20日に行う。ただし,必要に応じてその期日を変更することができる。

(表彰の方法)

第4条 表彰者には,表彰状及び記念品を贈る。

2 第2条第1項第2号に規定する表彰者のうち,死亡した者に対するときは,表彰状及び記念品はその者の遺族に贈るものとする。

(表彰状)

第5条 表彰状は,様式第1号のとおりとする。

(記念品)

第6条 記念品は,予算の範囲内で市長が定める。

(欠格者)

第7条 第2条第1項第1号に該当するものであっても,表彰者として適格でないと,市長が認めた場合は,これを表彰しないことができる。

(補則)

第8条 この訓令に定めるもののほか,必要な事項は別に定める。

付 則

この訓令は,昭和63年4月1日から施行する。

付 則(平成2年2月5日訓令第1号)

この訓令は,平成2年3月1日から施行する。

画像

龍ケ崎市職員永年勤続者表彰規程

昭和63年3月18日 訓令第2号

(平成2年2月5日施行)

体系情報
第5類 事/第4章 研修・能率
沿革情報
昭和63年3月18日 訓令第2号
平成2年2月5日 訓令第1号