○龍ケ崎市文化財保護審議会条例

昭和51年3月26日

条例第2号

(設置)

第1条 地方自治法(昭和22年法律第67号)第138条の4第3項の規定に基づき,龍ケ崎市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に龍ケ崎市文化財保護審議会(以下「審議会」という。)を置く。

(所掌事項)

第2条 審議会は,次に掲げる事項について,教育委員会の諮問に応じて調査審議し,及び教育委員会に建議する。

(1) 龍ケ崎市文化財保護条例(昭和51年龍ケ崎市条例第1号)第2条に規定する文化財の保存及び活用に関すること。

(2) 龍ケ崎市民遺産条例(平成27年龍ケ崎市条例第2号)第1条に規定する市民遺産の保存及び活用に関すること。

(組織)

第3条 審議会は,委員10人以内をもって組織する。

2 委員は,次に掲げる者のうちから,教育委員会が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 公募の市民(龍ケ崎市まちづくり基本条例(平成26年龍ケ崎市条例第58号)第3条第1号に規定する市民(法人その他の団体を除く。)をいう。)

(3) その他教育委員会が必要と認める者

3 特別の事項を調査審議するため必要があるときは,審議会に臨時委員を置くことができる。

4 臨時委員は,学識経験者その他教育委員会が必要と認める者のうちから,教育委員会が委嘱する。

(任期)

第4条 委員の任期は,2年とし,その欠員が生じた場合の補欠委員の任期は,前任者の残任期間とする。

2 臨時委員は,当該特別の事項の調査審議が終わったときは,退任するものとする。

3 委員及び臨時委員は,非常勤とする。

(会長)

第5条 審議会に,会長及び副会長を置く。

2 会長及び副会長は,委員が互選する。

3 会長は,審議会の会務を総理する。

4 副会長は,会長を補佐し,会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは,その職務を代理する。

(議事)

第6条 審議会は,委員の過半数が出席しなければ,議事を開き,議決をすることができない。

2 審議会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,会長の決するところによる。

(部会)

第7条 審議会に,教育委員会規則の定めるところにより,部会を置くことができる。

(教育委員会規則への委任)

第8条 この条例に定めるもののほか,審議会の運営に関し必要な事項は,教育委員会規則で定める。

付 則

この条例は,昭和51年4月1日から施行する。

付 則(平成27年3月23日条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は,平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現に改正前の龍ケ崎市文化財保護審議会条例(以下「改正前の条例」という。)の規定に基づく委員である者は,改正後の龍ケ崎市文化財保護審議会条例(以下「改正後の条例」という。)の規定に基づく委員として引き続き存在するものとし,その任期は,改正前の条例の規定に基づく委嘱の日から起算するものとする。

3 この条例の施行の日から平成28年5月31日までに委嘱される委員の任期は,改正後の条例第4条第1項の規定にかかわらず,平成28年5月31日までとする。

付 則(平成27年6月30日条例第27号抄)

(施行期日)

1 この条例は,平成27年9月1日から施行する。

(龍ケ崎市文化財保護審議会条例の一部改正に伴う経過措置)

16 この条例の施行の際現に第14条の規定による改正前の龍ケ崎市文化財保護審議会条例(以下この項において「改正前の条例」という。)に規定する龍ケ崎市文化財保護審議会の委員である者は,同条の規定による改正後の龍ケ崎市文化財保護審議会条例(次項において「改正後の条例」という。)に規定する龍ケ崎市文化財保護審議会の委員(次項において「委員」という。)として引き続き存在するものとし,その任期は,改正前の条例の規定による委嘱の日から起算するものとする。

17 この条例の施行の日から平成28年5月31日までの間に委嘱される委員の任期は,改正後の条例第4条第1項の規定にかかわらず,平成28年5月31日までとする。

龍ケ崎市文化財保護審議会条例

昭和51年3月26日 条例第2号

(平成27年9月1日施行)