○龍ケ崎市災害見舞金等支給条例施行規則

昭和45年6月23日

規則第22号

(目的)

第1条 この規則は,龍ケ崎市災害見舞金等支給条例(昭和45年龍ケ崎市条例第27号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めることを目的とする。

(被害の判定基準)

第2条 条例第2条に規定する災害による被害の判定基準は,次の各号に定めるところによる。

(1) 死亡とは,災害発生後6ケ月以内に,当該災害が直接起因で死亡した者

(2) 半焼及び半壊並びに全焼及び全壊についての調査は,市又は消防本部の定めるところによる。

(3) 床上浸水とは,次に掲げるものをいう。

 第2号に該当しない場合であって,浸水が,その住家の床以上に達する程度のもの

 土砂,竹木等のたい積により,一時的に居住することができなくなったもの

(手続)

第3条 条例第5条の規定による届出については,災害届書(別記様式)に,次の関係書類を添えて提出しなければならない。

(1) 住民票の写し

(2) り災証明書

(3) 医師の診断書又は死体検案書

(確認及び認定)

第4条 市長は,前条による災害届書を受理したときは,速やかに関係機関に確認の上,認定しなければならない。

(委任)

第5条 この規則の定めるもののほか,必要な事項は別に定める。

付 則

この規則は,公布の日から施行し,昭和45年6月1日から適用する。

付 則(平成14年12月24日規則第66号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成19年3月16日規則第9号抄)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成23年4月14日規則第44号)

この規則は,平成23年5月1日から施行する。

付 則(平成24年6月22日規則第42号)

(施行期日)

1 この規則は,平成24年7月9日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行日前に発生した災害に係る災害届出書の提出については,なお従前の例による。

画像

龍ケ崎市災害見舞金等支給条例施行規則

昭和45年6月23日 規則第22号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第9類 生/第1章 社会福祉/第1節 社会福祉通則
沿革情報
昭和45年6月23日 規則第22号
平成14年12月24日 規則第66号
平成19年3月16日 規則第9号
平成23年4月14日 規則第44号
平成24年6月22日 規則第42号