○龍ケ崎市資源回収助成金交付要綱

平成3年3月30日

告示第23号

(目的)

第1条 この要綱は,資源物を回収した団体及び地域に助成金を交付することにより,地域コミュニティの活性化に寄与し,ごみの減量化と限りある資源の有効利用の市民意識の高揚を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において,次の各号に掲げる用語の定義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 資源物 一般廃棄物のうち空き缶,空きビン,古紙,布類,金属類及びプラスチック類等で再利用できるものをいう。

(2) 集団回収 町内会,自治会,子供会等の地域団体による資源物の回収をいう。

(3) 行政による回収 市長の定める方法により市民が排出した資源物を市で回収することをいう。

(助成金の額)

第3条 助成金の額は,次の各号に定めるとおりとする。

(1) 集団回収の場合 回収した資源物1kgにつき4円

(2) 行政による回収の場合 回収した資源物1kgにつき4円

2 行政による回収において資源物の売却代金は,当分の間還元しない。

3 助成金の額は,排出した資源物の量により算出する。

(資源回収の届出)

第4条 集団回収を行おうとする団体の代表者は,集団回収団体届出・変更届出書(様式第1号)をあらかじめ市長に提出しなければならない。

2 行政による回収により資源回収を行おうとする地区又は団体の代表者は,資源回収実施届出・変更届出書(様式第2号)をあらかじめ市長に提出しなければならない。

3 第1項及び第2項の届出書の記載内容に変更があったときは,速やかに様式第1号又は様式第2号により市長に届け出なければならない。

(集団回収における助成金の交付要件)

第5条 集団回収により助成金の交付を受けようとする団体は,前条第1項による届出をした団体で年間3回以上資源回収を実施しなければならない。

(集団回収における助成金の交付手続)

第6条 集団回収団体の代表者は,回収した資源を回収業者に売り渡したときは,資源回収実績報告書(様式第3号)に回収業者が発行する取引伝票を添えて市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の報告書の提出を受けたときは,その内容を審査し,適当と認めたときは,その団体に助成金を交付する。

(助成金の交付時期)

第7条 助成金は,原則として1月及び7月の年2回交付するものとする。

(返還)

第8条 市長は,不正な行為により助成金の交付を受けた地区又は団体のあることが判明したときは,その団体から当該助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(委任)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この告示は,平成3年4月1日から施行する。

付 則(平成6年12月5日告示第33号)

この告示は,平成7年1月1日から施行する。

付 則(平成10年11月25日告示第58号)

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(平成12年3月23日告示第23号)

この告示は,平成12年4月1日から施行する。

付 則(平成15年2月10日告示第5号)

(施行期日)

1 この告示は,平成15年4月1日から施行する。

(適用区分)

2 この告示による改正後の龍ケ崎市資源回収助成金交付要綱第3条第1項第1号及び第2号の規定は,平成15年4月1日以後に回収した資源物について適用し,同日前に回収した資源物については,なお従前の例による。

画像

画像

画像

龍ケ崎市資源回収助成金交付要綱

平成3年3月30日 告示第23号

(平成15年4月1日施行)