○龍ケ崎市防災行政用無線局運用規程

昭和59年4月20日

訓令第6号

目次

第1章 総則(第1条―第4条)

第2章 運用(第5条―第9条)

第3章 平常通信の方法(第10条―第24条)

第4章 緊急通信の方法(第25条―第29条)

付則

第1章 総則

(目的)

第1条 この規程は,龍ケ崎市防災行政用無線の運用について必要な事項を定め,合理的,かつ,円滑な運用を図ることを目的とする。

(用語の意義)

第2条 この規程中の用語の意義は,次の各号に定めるところによる。

(1) 「緊急通信」とは,特に緊急を要する通信で,平常通信に優先する通信をいう。

(2) 「平常通信」とは,緊急通信以外の平常業務の通信をいう。

(3) 「通信統制」とは,多数の無線局が同時に通信を行う場合において,無線の運用を円滑に行うために各無線局の通信を統制することをいう。

(4) 「一斉放送」とは,全市民を対象に,すべての固定系子局を通して一斉に放送することをいう。

(5) 「群一斉放送」とは,あらかじめグループ化した固定系子局を通して当該子局群が対象とする地域の住民に放送することをいう。

(6) 「個別放送」とは,特定の地域の住民を対象にか所の固定系子局において放送することをいう。

(通信の種類)

第3条 通信の種類は,緊急通信及び平常通信とする。

(通信事項)

第4条 通信事項は,龍ケ崎市地域防災計画に定める防災対策業務及び行政事務に関するものとし,おおむね次の各号に掲げる事項とする。

(1) 地震,台風等の非常事態に関する事項

(2) 防災訓練等の各種訓練に関する事項

(3) 一般行政事務に関する事項

(4) その他総括管理者が特に定めた事項

第2章 運用

(通信の原則)

第5条 通信を行うときは,次の各号に定める事項を遵守しなければならない。

(1) 不要な通信を行わないこと。

(2) 暗号,隠語等を使用しないこと。

(3) できる限り簡潔な通信を行うこと。

(4) 通信を行うときは,自局の呼出名称を付して,その出所を明らかにすること。

(5) 通信は正確に行うものとし,通信上の誤りを知ったときは直ちに訂正すること。

(6) 通信における通報の送信は,語句を句ぎり,かつ,明瞭に発音して行うこと。

(7) 前号の通報の送信の速度は,受信者が筆記できる程度とすること。

(電波発射前の措置)

第6条 他の無線局を呼出そうとするときは,電波を発射する前に他の通信が行われていないことを確認しなければならない。

2 前項の場合において,他の通信が行われているときは,その通信が終了した後でなければ電波を発射してはならない。

(目的外使用の禁止)

第7条 無線局は,免許状に記載された目的,通信の相手方又は通信事項の範囲を越えて使用してはならない。

(通話の監視)

第8条 基地局は,常時陸上移動局の通信状況を監視し,適正な通信と能率的運用に努めなければならない。

(通信統制)

第9条 総括管理者は,災害等の発生時において必要と認めたときは,通信統制を発令することができる。

第3章 平常通信の方法

(呼出し)

第10条 呼出しは,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) 相手局の呼出名称 3回以下

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 3回以下

(4) どうぞ 1回

(特定局一括呼出し)

第11条 2以上の特定の無線局を一括して呼出そうとするときは,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) 相手局の呼出名称 それぞれ2回以下

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 3回以下

(4) どうぞ 1回

(一括呼出し)

第12条 各無線局を一括して呼出そうとするときは,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) 各局 3回

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 3回以下

(4) どうぞ 1回

(呼出しの反復及び再開)

第13条 呼出しは,1分間以上の間隔をおいて2回反復することができる。

2 呼出しを反復しても応答がないときは,3分間の間隔を置かなければ呼出しを再開してはならない。

(呼出しの中止)

第14条 無線局は,自局からの呼出しが既に行われている他の通信に混信を与える旨の通知を受けたときは,直ちにその呼出しを中止しなければならない。

2 前項の規定による通知をする無線局は,その通知をするに際し,待つべき時間を分単位で示すものとする。

(応答)

第15条 無線局は,自局に対する呼出しを受信したときは,直ちに応答しなければならない。

2 前項の規定による応答は,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) 相手局の呼出名称 3回以下

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 1回

(4) どうぞ 1回

3 前項の規定による応答に際し,直ちに通報を受信することができない事由があるときは,「どうぞ」の代りに「何分間お待ちください」を送信するものとする。

(不確実な呼出しに対する応答)

第16条 無線局は,自局に対する呼出しであることが確実でない呼出しを受信したときは,その呼出しが反復され,かつ,自局に対する呼出しであることが確実に判明するまで応答してはならない。

2 自局に対する呼出しを受信した場合において,相手局の呼出名称が不確実であるときは,前条第2項第1号に規定する「相手局の呼出名称」の代りに「誰かこちらを呼びましたか」を使用して,直ちに応答しなければならない。

(一括呼出しに対する応答順位)

第17条 一括呼出しに対する各無線局の応答順位は,整理番号の順とする。

(通報の送信)

第18条 無線局は,呼出しに対し応答を受けたときは,相手局が「何分間お待ちください」を送信した場合を除き,直ちに通報の送信を開始するものとする。

2 通報の送信は,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) 通報 2回以下

(2) どうぞ 1回

(受信証)

第19条 無線局は,通報を確実に受信したときは,次の各号に掲げる事項を順次送信するものとする。

(1) 相手局の呼出名称 1回

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 1回

(4) 了解 1回

(特定局あて同報)

第20条 2以上の特定の無線局に対し同時に通報を送信しようとするときは,第11条第1号から第3号までに掲げる事項に引続き,通報を送信することにより行うものとする。

(各局あて同報)

第21条 各無線局に対し同時に通報を送信しようとするときは,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) 各局 3回以下

(2) こちらは 1回

(3) 自局の呼出名称 3回以下

(4) 通報の種類 1回

(5) 通報 2回以下

(一斉放送等)

第22条 一斉放送をしようとするときは,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) こちらは 1回

(2) 自局の呼出名称 3回以下

(3) 通報の種類 1回

(4) 通報 2回以下

2 群一斉放送及び個別放送をしようとするときは,次の各号に掲げる事項を順次送信することにより行うものとする。

(1) こちらは 1回

(2) 自局の呼出名称 3回以下

(3) 通報 2回以下

(訓練のための通信)

第23条 通信訓練のための通信においては,第26条の規定を準用する。この場合において,「至急」とあるのは「訓練」と読み替えるものとする。

(試験電波の発射)

第24条 無線局は,無線設備の試験又は調整のため電波の発射を必要とするときは,次の各号の規定により行うものとする。

(1) 電波を発射する前に自局の発射しようとする電波の周波数によって聴守を行い,他の無線局の通信に混信を与えないことを確認した後,次に掲げる事項を順次送信する。

 ただいま試験中 3回

 こちらは 1回

 自局の呼出名称 3回

(2) 前号に掲げる事項を送信した後,1分間聴守を行い,他の無線局から停止の請求がない場合に限り,次に掲げる事項を順次送信する。この場合において,「本日は晴天なり」の連続及び自局の呼出し名称の送信は,原則として,10秒間を超えてはならない。

 「本日は晴天なり」の連続

 自局の呼出名称 1回

2 前項の試験又は調整中は,しばしばその電波によって聴守を行い,他の無線局から停止の請求がないかどうかを確認しなければならない。

第4章 緊急通信の方法

(緊急通信時の対応)

第25条 総括管理者は,災害が発生し,又は発生するおそれがある場合において,緊急通信を行うこととし,各無線局にその旨を周知するものとする。

(通信方法)

第26条 緊急通信における通信方法は,次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 連絡を設定するための呼出し又は応答は,「相手局の呼出名称」又は「各局」の前に「至急」を3回送信することにより行うものとする。

(2) 各無線局又は特定の無線局あての一括呼出し又は同報は,「相手局の呼出名称」又は「各局」の前に「至急」を3回送信することにより行うものとする。

(3) 一斉放送,群一斉放送又は個別放送は,「こちらは」の前に「至急」を3回送信することにより行うものとする。

(緊急通信受信時の措置)

第27条 前条の規定による通信を受信した無線局は,応答する場合を除き,これに混信を与えるおそれのある電波の発射を停止して傍受しなければならない。

(送信順位)

第28条 緊急通信における通報の送信の優先順位は,次の各号に掲げる順位とする。ただし,同順位の内容のものであるときは,先に呼出した無線局が優先するものとする。

(1) 人命の救助に関する通報

(2) 被災者救援に関する通報

(3) 被災者の輸送及び救援物資の緊急輸送等のために必要な通報

(4) 秩序維持のために必要な緊急措置に関する通報

(5) 電信電話回線,電力,ガス等の施設並びに道路及び鉄道等の修理復旧に必要な通報

(6) 天災の予報に関する通報(河川の水位に関する通報を含む。)

(7) その他の通報

(委任)

第29条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この訓令は,昭和59年5月1日から施行する。

龍ケ崎市防災行政用無線局運用規程

昭和59年4月20日 訓令第6号

(昭和59年4月20日施行)