○龍ケ崎市馴馬財産区議会傍聴規則

昭和38年11月1日

規則第11号

第1条 馴馬財産区議会を傍聴しようとする者は,傍聴人受付に申出て許可を受けなければならない。

第2条 傍聴を許可したときは傍聴券を交付する。

第3条 傍聴の許可を受けたものが入場するときは傍聴券を示し,係員の指示に従い傍聴席に着かなければならない。

第4条 新聞記者の傍聴席は別にこれを定める。

第5条 傍聴券を所持するものでも議長において必要ありと認める場合及び満員の場合は入場を拒絶することがある。

第6条 傍聴席に在る者は,次の事項を守らなければならない。

(1) 会議場の言論に対し可否を表明しないこと。

(2) 騒いで議事を妨害しないこと。

(3) 帽子,外套の類を着用しないこと。

(4) 杖の類を携帯しないこと。

(5) いかなる理由があっても議員席に入らないこと。

第7条 戎器その他危険のうれいあるものを携帯したもの及び酒気を帯びたものは入場できない。

第8条 傍聴人は会議散会後直ちに退場しなければならない。

第9条 傍聴人が本規則に違反し又は議長の指示に従わず会議場の秩序をみだす虞れがあるときは議長は傍聴の許可を取消し退場を命ずることができる。

第10条 秘密会議を開く議決があったとき又はその他傍聴を禁止せられたときは,総ての傍聴人は退場しなければならない。

付 則

この規則は,公布の日から施行する。

龍ケ崎市馴馬財産区議会傍聴規則

昭和38年11月1日 規則第11号

(昭和38年11月1日施行)

体系情報
第12類 則/第3章 財産区
沿革情報
昭和38年11月1日 規則第11号