○龍ケ崎市自動車の臨時運行許可に関する取扱規則

昭和53年2月27日

規則第2号

(目的)

第1条 この規則は,道路運送車両法(昭和26年法律第185号。以下「法」という。)及び道路運送車両法施行規則(昭和26年運輸省令第74号)の規定に基づき,自動車の臨時運行の許可に関し,必要な事項を定めることを目的とする。

(許可の申請)

第2条 法第34条の規定による自動車の臨時運行の許可(以下「許可」という。)を受けようとする者は,自動車の臨時運行許可申請書(様式第1号)に所要事項を記載して市長に提出しなければならない。

2 前項の申請に際しては,自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)第7条に定める自動車損害賠償責任保険証明書(自動車損害賠償責任共済証明書を含む。)を提示しなければならない。ただし,保険期間については,自動車臨時運行許可証の有効期間満了日までの期間全部を充足するものでなければならない。

(確認)

第3条 市長は,前条の申請に際し必要と認めるときは,次の書面の提示又は提出を求めることができる。

(1) 申請者について,本人であることを確認することができる次に定めるいずれかの書面

 運転免許証

 住民票

 印鑑登録証明書

 在留カード又は特別永住者証明書

 身分証明書(顔写真及び有効期限があるもの)

 その他本人又は法人の代理人であることを証明する書面

(2) 自動車を確認することができる次に定めるいずれかの書面

 自動車検査証

 抹消登録証明書又は検査証返納証明書

 通関証明書等輸入の事実を証する書面

 メーカー発行の完成検査終了証,譲渡証明書又は製作証明書

 その他自動車の同一性を確認できる書面

(許可証の交付及び番号標の貸与)

第4条 市長は,第2条の申請に基づき許可をした場合は,申請者に対し自動車臨時運行許可証(様式第2号。以下「許可証」という。)を交付し,臨時運行許可番号標(以下「番号標」という。)を貸与しなければならない。

2 前項の許可は,運行の期間について運行の目的及び経路等を勘案し,必要最少日数によらなければならない。

(不許可)

第5条 市長は,第2条の規定に基づき申請があった場合において,次の各号のいずれかに該当するときは,許可しないことができる。

(1) 目的に正当な理由があると認められないとき。

(2) その他市長が許可することが適当でないと認めたとき。

2 市長は,前項の規定により許可しないときは,自動車臨時運行不許可決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(許可証及び番号標の亡失等)

第6条 許可を受けた者が許可証若しくは番号標を亡失し,又は毀損したときは,臨時運行許可番号標・許可証亡失(毀損)(様式第4号)により速やかに市長に届け出なければならない。

2 前項の届出に際し亡失の場合は,亡失した地域を管轄する警察署長に遺失届をした旨を記載した本人のてん末書を添えなければならない。

(受付許可貸与簿)

第7条 許可をしたときは,申請書に受付許可年月日,受付許可番号及び番号標番号を記載するとともに,自動車臨時運行受付許可貸与簿(様式第5号。以下「受付許可貸与簿」という。)に記載し,許可証及び番号標の返納があったときは,返納年月日を記載し取扱者が押印するものとする。この場合において,許可証又は番号標が亡失等により返納されないときは,備考欄にその旨を記載すること。

(番号標の保管)

第8条 番号標は,臨時運行許可番号標台帳(様式第6号)に登載し,番号標を新たに保有し,又は亡失し,若しくは毀損のため廃棄したときは,所要事項を記載し,常に状況を明らかにし,番号標は,錠のある容器に収め保管しなければならない。

(許可証及び番号標の回収)

第9条 有効期間満了後,5日を経過しても返納されない許可証及び番号標があるときは,電話又は葉書等により督促し,あるいは最寄りの警察署の協力を求め速やかに回収を図るものとする。

(番号標の無効告示)

第10条 許可を受けた者から番号標の亡失の届出があり,亡失後30日を経過してもなお発見できないとき,又は許可を受けた者が行方不明等になり番号標の回収が不能となったときは,当該番号標の無効の告示を行い,その旨を警察署長に通報するとともに,陸運支局長に通知するものとする。

(弁償)

第11条 許可を受けた者が,番号標を亡失し,又は毀損したときは,市長は,これを実費弁償させることができる。

(許可の取消し)

第12条 詐偽その他不正な手段により許可を受け,又は不正に使用したことを発見したときは,直ちに許可を取り消し,その旨を許可を受けた者に通知するとともに,許可証及び番号標を回収するものとする。

(番号標の作成及び廃棄)

第13条 亡失,毀損又は需要の増加等により番号標を作製する必要があるときは,陸運支局長の指示を受けて作製するものとする。また,識別困難な番号標等を廃棄したときは,陸運支局長に通知するものとする。

(帳票類の保存)

第14条 申請書及び返納された許可証は,許可番号順に編てつし,3年間保存しなければならない。

2 受付許可貸与簿は,3年間保存しなければならない。

(補則)

第15条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,市長が別に定める。

付 則

この規則は,昭和53年4月1日から施行する。

付 則(平成9年3月28日規則第25号)

この規則は,平成9年4月1日から施行する。

付 則(平成11年6月22日規則第26号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成11年9月1日規則第31号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成14年12月24日規則第58号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成20年8月4日規則第43号)

この規則は,公布の日から施行する。

付 則(平成23年4月14日規則第37号)

この規則は,平成23年5月1日から施行する。

付 則(平成24年6月21日規則第41号)

この規則は,平成24年7月9日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎市自動車の臨時運行許可に関する取扱規則

昭和53年2月27日 規則第2号

(平成24年7月9日施行)

体系情報
第12類 則/第4章 その他
沿革情報
昭和53年2月27日 規則第2号
平成9年3月28日 規則第25号
平成11年6月22日 規則第26号
平成11年9月1日 規則第31号
平成14年12月24日 規則第58号
平成20年8月4日 規則第43号
平成23年4月14日 規則第37号
平成24年6月21日 規則第41号