○龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事助成金交付要綱

平成14年8月1日

告示第71号

(趣旨)

第1条 この要綱は,当市の公共下水道事業計画区域以外の区域において,民間事業者が施工する公共性の高い施設に係る下水道接続工事に要する経費の一部を助成することについて,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 公共性の高い施設 民間事業者が所有又は建設(増改築を含む。)する学校,幼稚園,保育所,病院及び介護保険施設その他これらに類する施設で,公共性が高いと市長が認める施設をいう。

(2) 下水道接続工事 民間事業者が,汚水排水を当市の公共下水道に排出するため施工する下水道工事で,公共下水道区域外使用の確認(龍ケ崎市下水道条例施行規則(昭和55年龍ケ崎市規則第11号。以下「規則」という。)第16条第2項の規定により市長が行う確認をいう。)及び工作物設置の許可決定(規則第20条第2項の規定により市長が行う許可決定をいう。)を受けたものをいう。

(3) 管渠布設工事 下水道接続工事のうち,近接する公共下水道の管渠から第1号に規定する施設までの間の公道において施工する管渠の布設工事(ただし,接続取出し工事その他簡易な工事を除く。)をいう。

(助成の対象とする経費)

第3条 この要綱において助成の対象とする経費は,管渠布設工事に要する経費その他市長が必要と認める経費とする。

(助成金の額)

第4条 助成金の額は,前条に規定する対象経費の2分の1とし,1千万円を限度とする。この場合において,1万円未満の端数が生じたときは,これを切り捨てるものとする。

(助成金の交付申請)

第5条 助成金の交付を受けようとする民間事業者は,下水道接続工事の着手前に,龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事助成金(変更)交付申請書(様式第1号)次の各号に掲げる書類を添えて,市長にその旨を申請しなければならない。

(1) 下水道接続工事計画書

(2) 管渠布設工事設計書

(3) 契約(見積り)

(4) その他市長が必要と認める書類

(助成金の交付決定)

第6条 市長は,前条の規定に基づく申請があったときは,速やかにその内容を審査するとともに,適当と認めたときは助成金の額及びその交付を決定し,その旨を龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事助成金(変更)交付決定通知書(様式第2号)により民間事業者に通知するものとする。

(完了報告,完了検査)

第7条 助成金の交付決定を受けた民間事業者は,下水道接続工事が完了し,かつ,公共下水道工作物設置許可申請(規則第20条の規定による申請をいう。)に基づく引継ぎが完了したときは,龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事完了報告書(様式第3号。以下「完了報告書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 市長は,前項の規定による完了報告書の提出があったときは,当該下水道接続工事の完了検査を実施し,その合否を判定するものとする。

3 市長は,前項の規定による合否を判定した結果,当該下水道接続工事が適正に履行されたと認められるときは,龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事検査済証(様式第4号。以下「検査済証」という。)を当該民間事業者に交付するものとする。

(変更交付申請,変更交付決定)

第8条 民間事業者は,前条の完了報告書及び完了検査の結果,第6条に規定する助成金の額に変更が生じたときは,速やかに,龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事助成金(変更)交付申請書(様式第1号)に,市長が必要と認める書類を添えてその旨を申請しなければならない。

2 市長は,前項の規定に基づく申請があったときは,速やかにその内容を審査するとともに,適当と認めたときは,変更後の助成金の額及びその交付を決定し,その旨を龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事助成金(変更)交付決定通知書(様式第2号)により民間事業者に通知するものとする。

(助成金の請求及び交付)

第9条 民間事業者は,第7条第3項の規定による検査済証の交付を受けたときは,龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事助成金請求書(様式第5号)により,第6条又は前条第2項の規定により決定した助成金の交付を請求するものとする。

2 市長は,前項の規定による助成金の請求を適当と認めたときは,当該請求のあった日から30日以内に当該助成金を交付するものとする。

(助成金の返還)

第10条 市長は,民間事業者が偽りその他不正な手段により助成金の交付を受けたときは,当該助成金の全部又は一部を返還させることができる。

(下水道接続工事の施工の特例)

第11条 民間事業者が,やむを得ない理由により第1条に基づく下水道接続工事を施工することができない場合は,龍ケ崎市が当該民間事業者に代わって下水道接続工事を施工するものとする。

2 前項の規定により龍ケ崎市が下水道接続工事を施工する場合は,当該民間事業者は,当該下水道接続工事に要する経費その他市長が必要と認める経費を負担金として市長に納付しなければならない。この場合において,市長は,必要があると認めるときは,第4条に規定する助成金相当額を当該負担金から控除することができる。

3 第3条及び第4条の規定は,前項後段の規定による助成金相当額を算出する場合に準用する。

(補則)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

付 則

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(平成25年3月28日告示第55号)

この告示は,平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

龍ケ崎市公共下水道区域外接続工事助成金交付要綱

平成14年8月1日 告示第71号

(平成25年4月1日施行)