○龍ケ崎市家庭ごみのおはようSUN訪問収集実施要綱

平成15年2月28日

告示第12号

(目的)

第1条 この要綱は,家庭系一般廃棄物,粗大ごみ及び特定家庭用機器の排出に支障をきたしている高齢者,障がい者等の負担を軽減し,併せて安否の確認をすることにより,高齢者及び障がい者等の福祉に資すること並びに市民サービスの向上を目的とする。

(おはようSUN訪問収集の内容)

第2条 龍ケ崎市の廃棄物収集は,原則として屋外の一定の場所(ごみ集積所等)に出された廃棄物を収集することを基本としているが,高齢者,障がい者等への対応に向けた福祉の増進の観点から,市職員が廃棄物の収集(以下「おはようSUN訪問収集」という。)を行うものとする。

(定義)

第3条 この要綱において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 家庭系一般廃棄物 廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号)第2条第2項に規定する一般廃棄物のうち,一般家庭の日常生活に伴って生じる廃棄物(し尿を除く。)をいう。

(2) 粗大ごみ 前号に規定する家庭系一般廃棄物のうち,一般家庭の日常生活において不要となったおおむね1メートル以上又は20キログラム以上の大型ごみをいう。

(3) 特定家庭用機器 特定家庭用機器再商品化法施行令(平成10年政令第378号)第1条に規定する特定家庭用機器が廃棄物となったもののうち特定家庭用機器再商品化法(平成10年法律第97号)第2条に規定する再商品化等が可能なものをいう。

(4) 玄関先等 玄関の内側若しくは外側,その他市長と申込者等とで協議し,決定した場所をいう。

(5) 資源物 ビン,カン,紙,布,ペットボトル及び白トレーをいう。

(対象者)

第4条 この要綱に基づき,おはようSUN訪問収集を受けることができる世帯は,市内に居住している者で構成され,次の各号のいずれかに該当する世帯のうち,その世帯構成員では家庭ごみを一定の場所まで持ち出すことが困難であり,他の者からごみ出しの協力が得られない世帯とする。

(1) 日常生活に介助又は介護を必要とし,自由な行動が困難な人で,おおむね65歳以上の一人暮らしの高齢者世帯

(2) 日常生活に介助又は介護を必要とする一人暮らしの障がい者世帯

(3) 日常生活に介助又は介護を必要とする高齢者及び障がい者等で構成されている世帯

(4) その他前各号に掲げるもののほか,市長が特に必要があると認めるもの

(利用の申込み)

第5条 おはようSUN訪問収集の利用を希望する世帯は,本人又は利用しようとする世帯の構成員のほか,当該構成員以外の親族(以下「申込者等」という。)が龍ケ崎市おはようSUN訪問収集申請書(様式第1号)により利用申込みを行うものとする。

2 おはようSUN訪問収集の申請場所は,介護福祉課,社会福祉課及び環境対策課の窓口とする。

(利用の決定)

第6条 市長は,前条の規定による申込みがあったときは,その内容をおはようSUN訪問収集に関する調査票(様式第2号)により審査した上,利用の可否について決定し,龍ケ崎市おはようSUN訪問収集決定通知書(様式第3号)により,当該申込者等に通知するものとする。

(収集するごみの排出方法等)

第7条 おはようSUN訪問収集を利用する世帯は,原則として,家庭ごみを龍ケ崎市が定める方法により分別し,玄関先等に出すものとする。

(収集日時)

第8条 おはようSUN訪問収集を実施する日は,市長と申込者等との協議の上,決定する。ただし,勤務を要しない日は,おはようSUN訪問収集は実施しない。

2 収集時間は,勤務時間内における指定の時間とする。

(収集方法)

第9条 おはようSUN訪問収集は,次に掲げる方法により行うものとする。

(1) 燃やすごみ,燃やさないごみ及び資源物

 個人住宅については,前条の規定により決定された収集日時に第5条の規定によりおはようSUN訪問収集の利用決定のあった世帯(以下「利用世帯」という。)の構成員に声を掛けて,安否の確認を行い,その玄関先等から収集を行う。

 集合住宅については,申込者等及び管理者等との協議の上,決定した収集方法により収集する。

(2) 粗大ごみ及び特定家庭用機器

原則として利用世帯宅の玄関先等より持ち出して収集する。ただし,申込者等が屋外へ持ち出すことができない場合は,この限りでない。

(収集の開始及び中止)

第10条 おはようSUN訪問収集は,収集を決定した後,速やかに開始するものとする。

2 市長は,次の各号のいずれかに該当するときは,当該おはようSUN訪問収集を中止するものとする。

(1) 利用世帯の構成員のほか,当該構成員以外の親族,当該構成員の日々の介護に携わる者などから収集を中止したい旨の申し出があったとき。

(2) 第4条に規定する要件に該当しなくなったとき。

(費用負担)

第11条 粗大ごみ及び特定家庭用機器の収集を受ける申込者等は,龍ケ崎市廃棄物の処理及び再生利用の促進に関する条例(平成18年龍ケ崎市条例第7号)第31条第1項に規定する手数料を支払うものとする。

(補則)

第12条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は,市長が定める。

付 則

この告示は,平成15年3月1日から施行する。

付 則(平成18年3月24日告示第26号)

この告示は,平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成19年3月12日告示第18号)

この告示は,平成19年4月1日から施行する。

付 則(平成23年4月14日告示第60号)

この告示は,平成23年5月1日から施行する。

付 則(平成26年3月28日告示第67号)

この告示は,平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成30年2月28日告示第44号)

この告示は,平成30年4月1日から施行する。

付 則(平成31年1月18日告示第3号)

この告示は,公布の日から施行する。

画像画像

画像

画像

龍ケ崎市家庭ごみのおはようSUN訪問収集実施要綱

平成15年2月28日 告示第12号

(平成31年1月18日施行)