○龍ケ崎市就学援助医療費支給事務取扱規程

平成16年1月30日

教育委員会告示第2号

(趣旨)

第1条 この規程は,龍ケ崎市就学援助事務取扱要綱(平成16年龍ケ崎市教育委員会告示第1号。以下「要綱」という。)第14条の規定により,要綱第3条第1項第10号に定める医療費の支給等に関する事務取扱いに関し,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において,「医療費」とは,学校保健安全法(昭和33年法律第56号)第24条に規定する医療に要する費用のうち,要綱第7条に規定する認定保護者(以下「認定保護者」という。)がその児童生徒がかかった疾病(学校保健安全法施行令(昭和33年政令第174号)第8条に規定する疾病をいう。以下同じ。)の治療のため,医療機関又は薬局(以下「医療機関等」という。)で支払う費用をいう。

(医療券交付の申請)

第3条 要綱第2条に規定する小中学校の校長(以下「校長」という。)は,認定保護者の児童生徒がかかった疾病の治療のため,当該認定保護者に対して医療費の援助が必要と認めたときは,龍ケ崎市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に就学援助医療券交付申請書(様式第1号)を提出するものとする。

(医療券等の交付)

第4条 教育委員会は,前条の規定による申請があったときは速やかにその内容を審査し,適当と認められる場合は学校保健安全法医療券診療報酬明細書(様式第2号。以下「医療券」という。)及び学校保健安全法医療券交付通知書(様式第3号。以下「通知書」という。)を,校長を経由して当該認定保護者に交付するものとする。

(医療機関等での受診)

第5条 認定保護者は,前条の規定による医療券及び通知書の交付を受けたときは,当該医療券に記載された有効期間内(以下「有効期間内」という。)に,医療機関等で児童生徒が受診できるよう努めなければならない。

(医療券の返還)

第6条 認定保護者は,その児童生徒が有効期間内に受診できなかったときは,当該有効期間の期限となる日の属する月の翌月の末日までに,医療券を校長を経由して教育委員会に返還しなければならない。

(医療費の支払)

第7条 教育委員会は,認定保護者の児童生徒が有効期間内に医療機関等で受診した場合において,当該医療機関等からその者に係る適正な医療券が送付されたときは,当該医療券に記載された診療報酬請求額を,龍ケ崎市財務規則(平成15年龍ケ崎市規則第19号)に基づき速やかに当該医療機関等が指定する金融機関の口座に振り込むものとする。

付 則

この告示は,公布の日から施行する。

付 則(平成16年5月27日教委訓令第3号)

この訓令は,公布の日から施行し,平成16年4月1日から適用する。

付 則(平成21年2月18日教委告示第2号)

この告示は,平成21年4月1日から施行する。

付 則(平成24年3月1日教委告示第3号)

この告示は,平成24年4月1日から施行する。

付 則(平成29年3月22日教委告示第2号)

この告示は,平成29年4月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

龍ケ崎市就学援助医療費支給事務取扱規程

平成16年1月30日 教育委員会告示第2号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
第8類 育/第3章 学校教育
沿革情報
平成16年1月30日 教育委員会告示第2号
平成16年5月27日 教育委員会訓令第3号
平成21年2月18日 教育委員会告示第2号
平成24年3月1日 教育委員会告示第3号
平成29年3月22日 教育委員会告示第2号